こんな夜だから書庫に行こう

はてなから感想の保管作業終了!!
現在、10年ほど前の一言感想をアップしています。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Profile

Selected entries

Category

Archives

Links

BlogPeople

STARLIGHT mini

あわせて読みたい

あわせて読みたい

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

Comment

Trackback

Other


  • Admin
  • RSS1.0 | Atom0.3
  • Template by Dsh+
  • Powered by JUGEM
<< 望月守宮『無貌伝 〜双児の子ら〜』 | top | 加藤実秋『インディゴの夜 ホワイトクロウ』 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.09.29 Tuesday | - | - | -

永井するみ『レッド・マスカラの秋』

 雪絵とともに友人ミリが出演するファッションショーを見に行った凪。赤いマスカラをつけたミリはモデルの中でも一際印象的で、ショーは大成功だった。だが、楽屋でのミリは様子がおかしい。聞くところによれば、イリヤというモデル仲間が瞼を腫らしショーに出られなかったのは、ミリが渡した赤いマスカラによるという・・・

 『カカオ80%の夏』に続くシリーズ第二作。意外なことに永井さんはシリーズキャラが初めてなのだとか。
 あまり人と群れることを好まなかった凪が、友人ミリのために動くという。そのこと自体が前作との大きな違いであり、同時に凪の成長とシリーズの進展を感じました。こういうのはシリーズものを読むときにちょっとうれしくなります。
 凪の行動はどちらかといえば思い付きというか無防備というか、あまり思慮深くは感じられません。しかしながら、むしろそういった行動、あるいは直線的な思考が女子高生らしくも思われます。あまり大人びていても彼女たちの年代の雰囲気は出せないでしょうし、逆もまたありえたでしょう。YAの読者を想定するならば、その年代に共感を得られるような等身大の人物像として適当だったのではないでしょうか。

 ただ、ストーリー展開はややご都合主義的に思われ、残念です。もっとも、凪たちのキャラクターを描くことを第一義と考えるならば、そんなことにとらわれる必要はないかもしれません。
 夏、秋と続いたことから憶測すると、おそらくこのまま冬、春とあと二回は凪に会えるでしょう。そのときをまた楽しみにしたいです。

関連作:『カカオ80%の夏
2009年2月8日読了
2009.02.18 Wednesday 18:07 | な行(その他) | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

2009.09.29 Tuesday 18:07 | - | - | -
コメント
コメントする











トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://skipturnreset.jugem.jp/trackback/906