こんな夜だから書庫に行こう

はてなから感想の保管作業終了!!
現在、10年ほど前の一言感想をアップしています。
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Profile

Selected entries

Category

Archives

Links

BlogPeople

STARLIGHT mini

あわせて読みたい

あわせて読みたい

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

Comment

Trackback

Other


  • Admin
  • RSS1.0 | Atom0.3
  • Template by Dsh+
  • Powered by JUGEM
<< 東野圭吾『容疑者Xの献身』 | top | 東野圭吾『ガリレオの苦悩』 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.09.29 Tuesday | - | - | -

福田和代『TOKYO BLACKOUT』

評価:
福田 和代
東京創元社
¥ 1,680
(2008-10)
Amazonおすすめ度:
これは凄い! リアルな現代の英雄群像。
膨大な取材量が圧倒的リアリティとなって読者を包み込む
 夏真っ盛り、8月24日夜のことだった。首都東京の電力を一手に担う東都電力に入った連絡。信濃幹線、東北連系線・・・東京への動脈が次々と断たれていく。それは悪夢のような東京大停電の始まりを意味していた・・・

 あらすじを読むだけでもワクワクしてくるようなクライシス・ノベル。結論から述べるならば、残念でしたというほかありません。おもしろかったからこそ、余計に。

 ひとりの保守要員の男が殺害されるところから始まるこの物語。事件の発生から対応策への取り組みあたりはこういったトラブル時の東都電力の動きというか奮闘ぶりが綿密に描かれ、まさに力作という言葉が相応しい作品です。特に輪番停電に入るために新システムを稼働させようというあたりはなかなかの緊迫感。
 東都電力や警察関係の人々はもちろんですが、それだけでなく実際に大停電に至った際の市井の人々の動揺や奮闘までもしっかりと描かれていて、意外なところで楽しませてくれます。

 しかしながら、物語の後半にいたり犯人の姿がはっきりしてくると、焦点が彼らに集中して、他の人々が捨て置かれてしまったような気がします。結果的にはいろいろなことを詰め込もうとしすぎたのでしょうか。前半とは明らかに状況が異なるのでやむを得ない部分はあるでしょうが、これはちょっと残念でした。
 また、犯人がこの大停電を起こした動機も正直如何なものかと思われます。あまり詳しくは触れられませんが、この部分を納得できるものにしてほしかったですね。

 そうは言っても、デビュー作『ヴィズ・ゼロ』をも読みたくさせる力作。これからの福田さんに期待です。
2009年1月2日読了
2009.01.13 Tuesday 23:11 | は行(その他) | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

2009.09.29 Tuesday 23:11 | - | - | -
コメント
コメントする











トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://skipturnreset.jugem.jp/trackback/897