こんな夜だから書庫に行こう

はてなから感想の保管作業終了!!
現在、10年ほど前の一言感想をアップしています。
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Profile

Selected entries

Category

Archives

Links

BlogPeople

STARLIGHT mini

あわせて読みたい

あわせて読みたい

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

Comment

Trackback

Other


  • Admin
  • RSS1.0 | Atom0.3
  • Template by Dsh+
  • Powered by JUGEM
<< 朝倉かすみ『夫婦一年生』 | top | 辻村深月『ロードムービー』 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.09.29 Tuesday | - | - | -

杉井光『さよならピアノソナタ4』

評価:
杉井 光
アスキーメディアワークス
¥ 620
(2008-12-05)
Amazonおすすめ度:
確かに面白いのだが…
切ない……けれど美しい
かけあう旋律
 冬がやってくる。もうクリスマスは目前。そして、真冬の誕生日も。だが、文化祭が終わってもナオはその思いを打ち明けられずにいた。フェケテリコは次のライブに向け準備を整えようとするが、冬の訪れはナオの優柔不断のツケを払うときでもあった・・・

 シリーズ完結編。あっという間に終わってしまって、なんだかもったいない気すらします。「サージェント・ペパー・インナー・グルーヴ」のように、永遠に決断せずに繰り返されるというのもありかもしれませんが、そう思われつつ幕を下ろすのが潔いですね。
 あいかわらずなのはナオのヘタレ具合。とにかくはっきりしないし、読者としてはシリーズ当初から想像できていたことなので、ヤキモキすることこの上ありません。さすがに、真冬へのプレゼントを千晶に相談したりするあたり、ナオの鈍さというか無神経さには呆れました。でも、ナオが決断できたなら、この物語はきっと一年も続かなかったでしょう。
 また、誰よりも哲朗がおいしいところを持っていきました。やっぱり父親なんですね。決めるべきところは決めるというか。

 それにしても、この季節にジョン・レノンはずるいなあ。もう、圧倒的に。だって「Happy Xmas (War Is Over)」ですよ。単なる青春恋愛小説というだけでなく、音楽を効果的に用いて物語を作り上げるあたり、本当にすばらしい。
 ああ、本当に終わってしまいました。でも、やっぱり後日談のようなものを書いてもらえないかな、なんて考えてしまいます。オススメ。
2008年12月16日読了
2008.12.26 Friday 23:56 | さ行(その他) | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

2009.09.29 Tuesday 23:56 | - | - | -
コメント
コメントする











トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://skipturnreset.jugem.jp/trackback/893