こんな夜だから書庫に行こう

はてなから感想の保管作業終了!!
現在、10年ほど前の一言感想をアップしています。
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Profile

Selected entries

Category

Archives

Links

BlogPeople

STARLIGHT mini

あわせて読みたい

あわせて読みたい

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

Comment

Trackback

Other


  • Admin
  • RSS1.0 | Atom0.3
  • Template by Dsh+
  • Powered by JUGEM
<< 入間人間『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん 幸せの背景は不幸』 | top | 北山猛邦『少年検閲官』 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.09.29 Tuesday | - | - | -

小路幸也『21 twenty one』

評価:
小路 幸也
幻冬舎
¥ 1,575
(2008-06)
Amazonおすすめ度:
それでも生きるのだ
良かれと思って言った言葉が、人を深く傷つけてしまうとき
新成人に送りたい一冊
 21世紀に21歳になる21人の仲間。この特別な絆を胸に、僕たちはこの歳まで生きてきた。だが、25歳になって仲間が集まったのは通夜の会場。仲間のひとり、半沢晶が死んだのだ。思い出が詰まったあの教室で、ひとり首を吊って。どうして晶は自殺したのだろうか・・・

 半沢晶というひとりの人間の死を取り巻く仲間たちの群像劇。あの時の自分の一言が、あの行動が晶を死に追いやったのではないかと、それぞれに心あたりのエピソードを口にしていきます。さすがに全員が取り上げられるわけではなく、主だった数人だけですが。
 この物語はあくまで特別な絆で結ばれた仲間たちの互いを思う気持ち、卒業から十年の間の変化といったものが中心。晶に焦点があてられるためか、若干登場人物の書き分けに不満を感じる部分もあったり、あるいは強すぎる絆に鼻白むこともあるものの、最終的に「仲間っていいな」と思わせられるあたり、概ね成功しているのでしょう。

 また、最後に明らかにされた自殺の理由、真相に驚かされたことは間違いなく、それは確かにこの設定だからこそ考えられるものです。ただし、だからといってこの理由に納得させられたわけではなく、後味はよくありませんでした。残念。
 登場人物たちが語るエピソードには放置されたものもいくつかあり、それはそれでどうなったのか気になるところ。せっかくだから、ここから何らかの形で広げてもらえたら嬉しいかな。
2008年11月29日読了
2008.12.06 Saturday 21:38 | さ行(小路幸也) | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

2009.09.29 Tuesday 21:38 | - | - | -
コメント
コメントする











トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://skipturnreset.jugem.jp/trackback/888