こんな夜だから書庫に行こう

はてなから感想の保管作業終了!!
現在、10年ほど前の一言感想をアップしています。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Profile

Selected entries

Category

Archives

Links

BlogPeople

STARLIGHT mini

あわせて読みたい

あわせて読みたい

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

Comment

Trackback

Other


  • Admin
  • RSS1.0 | Atom0.3
  • Template by Dsh+
  • Powered by JUGEM
<< 北山猛邦『『クロック城』殺人事件』 | top | 村崎友『修学旅行は終わらない』 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.09.29 Tuesday | - | - | -

早狩武志『ハーフボイルド・ワンダーガール』

評価:
早狩 武志
一迅社
¥ 590
(2008-09-20)
Amazonおすすめ度:
正直期待外れ
雰囲気も面白い
隔靴掻痒の極み。しかしそれが面白さ。
 幼馴染の水野美佳から呼び出された湯佐俊紀。だが、彼女の告げられた言葉は「ちゃんと、責任とってくれるよね」だった。身に覚えがなく途方に暮れる俊紀だったが、偶然その場を見てしまったミステリー研究会会長の佐倉井綾が救いの手を差し伸べた。本当に潔白なら、犯人を探そうと・・・

 新感覚ミステリー? この言葉がとても足枷になっているようです。
 読み始めるとすぐわかってしまうのが、この作品唯一最大の謎である子供の父親。冒頭で想像して「本当にそれで合っているのか?」と不安を覚えた人もいるでしょうが、おそらくその想像は間違っていません。
 それゆえ、本格ミステリのような謎と論理を想像しているとがっかりされるでしょうが、タイトルから「ハーフボイルド=ハードボイルド未満」などと考えられれば、それほどでもないのでは。私立探偵が足と人脈を駆使して謎を解き明かす物語には違いありません。どれだけ「未満」なのかはまた別の問題。

 メインとなる俊紀と佐倉井さんは、互いの足りない部分を補うような関係で真相に迫っていくのですが、目的は違うのに知りたいという点で共通するふたりがなかなかおもしろい関係です。ただ扱う問題がシリアスすぎたかも。このコンビでまた違った事件を読んで見たい気がします。
 もっとも、同じ登場人物でも美佳はいただけません。この身勝手さはちょっと理解しがたいです。彼女をヒロインとして捕らえるとかなりいやな作品かも。ただし、この物語がどういった人物関係を描いたものか、その捉え方次第で抱く印象もまたかなり違ったものになると思いますよ。
2008年10月22日読了
2008.10.30 Thursday 13:51 | は行(その他) | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

2009.09.29 Tuesday 13:51 | - | - | -
コメント
コメントする











トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://skipturnreset.jugem.jp/trackback/877