こんな夜だから書庫に行こう

はてなから感想の保管作業終了!!
現在、10年ほど前の一言感想をアップしています。
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Profile

Selected entries

Category

Archives

Links

BlogPeople

STARLIGHT mini

あわせて読みたい

あわせて読みたい

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

Comment

Trackback

Other


  • Admin
  • RSS1.0 | Atom0.3
  • Template by Dsh+
  • Powered by JUGEM
<< 有川浩『別冊 図書館戦争2』 | top | 葵せきな『生徒会の日常 碧陽学園生徒会黙示録1』 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.09.29 Tuesday | - | - | -

竹宮ゆゆこ『とらドラ8!』

評価:
竹宮 ゆゆこ
アスキー・メディアワークス
¥ 578
(2008-08-10)
Amazonおすすめ度:
生き残れ、虎少女
悲恋系ツンデレ
面白いんだけど……
 クリスマス・イブに実乃梨に振られ、おまけにインフルエンザでダウンした竜児。やっとのことで登校した新学期だったが、待っていたのは大河のひとり立ち宣言だった。最後の望みを賭けた修学旅行、竜児は実乃梨の真意を聞き出そうとするが・・・

 うわーっ。
 『とらドラ7!』の展開からどんな風に風呂敷をたたむのか興味津々だったのですが、たたむどころかさらに大きく広げてくれました。まったく、ここからどうするっていうんだ。
 修学旅行なんて学生として一番といっていいほどのイベントなのに、そこにこんな重い感情を引きずらなければならないなんて。
 昼ドラも真っ青のこのドロドロ状態、正直ここまでするとは思いませんでした。

 本当の気持ちを押し隠す大河、ついに知ってしまった竜児、板ばさみになる実乃梨、そして現状へのいらだちを隠せない亜美というそれぞれの立場があります。このなかで一番辛い立場にあるのは大河でしょうか。自分の気持ちは竜児に向いているのに、竜児のためにそれを隠して実乃梨との恋を応援し憎まれ口を叩く大河です。あるいは自分と竜児が両想いであることを知りながら、親友大河のことを思いそれをなかったことにしようとする実乃梨かもしれません。いや、それともその関係の輪に入れず、自分の為には何ひとつできず、ただただ眺めているしかなかった亜美のほうが辛いか。本当にもうわからなくなりそうです。
 とにかく鍵を握るのは竜児。彼が誰を選ぶのか、それによってすべてが決まるのですから。大河の母親が登場してきたことも気になるのですが、いったいどうなるのか。

関連作:『とらドラ!』『とらドラ2!』『とらドラ3!』『とらドラ4!』『とらドラ5!』『とらドラ6!』『とらドラ7!
2008年8月8日読了
2008.10.16 Thursday 17:35 | た行(竹宮ゆゆこ) | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

2009.09.29 Tuesday 17:35 | - | - | -
コメント
コメントする











トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://skipturnreset.jugem.jp/trackback/869