こんな夜だから書庫に行こう

はてなから感想の保管作業終了!!
現在、10年ほど前の一言感想をアップしています。
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Profile

Selected entries

Category

Archives

Links

BlogPeople

STARLIGHT mini

あわせて読みたい

あわせて読みたい

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

Comment

Trackback

Other


  • Admin
  • RSS1.0 | Atom0.3
  • Template by Dsh+
  • Powered by JUGEM
<< 深水黎一郎『トスカの接吻 オペラ・ミステリオーザ』 | top | 有川浩『別冊 図書館戦争2』 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.09.29 Tuesday | - | - | -

竹宮ゆゆこ『とらドラ7!』

評価:
竹宮 ゆゆこ
アスキー・メディアワークス
---
(2008-04-10)
Amazonおすすめ度:
クリスマスの魔法
至高の恋愛小説
新展開!?
 あの騒動による停学があけて、学校に戻ってきた大河。12月、クリスマスを前にして、大河はすっかりいい子に変身、おとなしくしている。一方、実乃梨は部活でエラーをしたことが原因でへこんだまま。北村率いる生徒会は、有志によるクリスマスパーティを計画するが・・・

 うわーっ。
 今までの学園ドタバタラブコメディが嘘のような展開へ。もう、後戻りができないところまで来てしまいました。
 とうとう確信を持った亜美、見てしまった実乃梨、そして知られてしまった大河。もはやそれぞれの気持ちは明らか。自分の気持ちはわかっていて、それでいて素直になれない状態。本当ならば読者も含めてみんなが幸せというのがいいのでしょうが、どうやらここから修羅場が続きそうです。

 いずれこの日が来るだろうことは予測できたのですが、いざ読むとなると本当に辛いのですね。いや、おもしろいのです。おもしろいのですが笑えない。何か「おもしろい」と表現するのもためらってしまうような雰囲気。楽しいクリスマスとか、切ないクリスマスとかいろいろ読んだ気がするけど、ここまでショッキングなクリスマスはなかった気がします。
 竜児と誰かがうまくいきそうで、ほかの二人が邪魔しにかかるとかそんな単純な展開だったら、きっと笑わせてもらえたのでしょうが。
 とにかく逃げることも隠すこともごまかすこともできないような展開へ突入。みんなどうするのさ。

関連作:『とらドラ!』『とらドラ2!』『とらドラ3!』『とらドラ4!』『とらドラ5!』『とらドラ6!
2008年8月3日読了
2008.10.10 Friday 11:58 | た行(竹宮ゆゆこ) | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

2009.09.29 Tuesday 11:58 | - | - | -
コメント
コメントする











トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://skipturnreset.jugem.jp/trackback/867