こんな夜だから書庫に行こう

はてなから感想の保管作業終了!!
現在、10年ほど前の一言感想をアップしています。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Profile

Selected entries

Category

Archives

Links

BlogPeople

STARLIGHT mini

あわせて読みたい

あわせて読みたい

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

Comment

Trackback

Other


  • Admin
  • RSS1.0 | Atom0.3
  • Template by Dsh+
  • Powered by JUGEM
<< 竹宮ゆゆこ『とらドラ5!』 | top | 五十嵐貴久『誘拐』 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.09.29 Tuesday | - | - | -

竹宮ゆゆこ『とらドラ6!』

評価:
竹宮 ゆゆこ
アスキー・メディアワークス
¥ 578
(2007-12-10)
Amazonおすすめ度:
うーん・・・・
生徒会長!!
見よ!! 「とらドラ!」コンビの突破力!!
 迫り来る生徒会長選挙。本命視されていたのは北村だったが、文化祭の燃え尽き症候群に陥っていた彼は何を思ったか突然グレた。「生徒会長選挙なんて」などと口にし、髪を染めて。そんな北村を亜美は切り捨て、生徒会長のすみれも失望をあらわにするが・・・

 青春だ。こっぱずかしいけど、北村の抱える事情はまぎれもなく青春そのもの。だからといって何もグレんでもいいではないかと思いますが。
 ただ、メインは北村ということから、やはり限りなくサイドストーリーに近い印象を持ってしまいます。それが残念でしょうか。メインとなる5人の中ではどうしても影が薄いので。北村って、もともとそんなキャラだったかなあ。
 とにかく立候補締め切り、そして演説会当日の動きは目が離せません。兄貴が兄貴らしさを見せつければ、北村はそれに応え、そして大河はついにそのタイガーとしての本領発揮。それまでの『とらドラ!』らしからぬ落ち着き気味の展開にはややもすると物足りなさを感じがちですが、この最後の最後での盛り上がりは圧巻です。なんとなくこういう舞台が用意されそうなのは感じるのにもかかわらず、派手に盛り上げて、しかも一筋縄では行きません。
 ここで気になるのは亜美とみのりんですね。何、あれは?どうなるの?

関連作:『とらドラ!』『とらドラ2!』『とらドラ3!』『とらドラ4!』『とらドラ5!
2008年8月2日読了
2008.09.03 Wednesday 16:18 | た行(竹宮ゆゆこ) | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

2009.09.29 Tuesday 16:18 | - | - | -
コメント
コメントする











トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://skipturnreset.jugem.jp/trackback/856