こんな夜だから書庫に行こう

はてなから感想の保管作業終了!!
現在、10年ほど前の一言感想をアップしています。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Profile

Selected entries

Category

Archives

Links

BlogPeople

STARLIGHT mini

あわせて読みたい

あわせて読みたい

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

Comment

Trackback

Other


  • Admin
  • RSS1.0 | Atom0.3
  • Template by Dsh+
  • Powered by JUGEM
<< 氷室冴子『なんて素敵にジャパネスク3(人妻編)』 | top | 有川浩『クジラの彼』 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.09.29 Tuesday | - | - | -

真名月由美『電脳幽戯 ゴーストタッチ』

評価:
真名月 由美
講談社
¥ 578
(2008-06-05)
Amazonおすすめ度:
デスノート…
 「Foolish Children」それは命を懸けたネットゲーム。探偵の鷺浦悠人は青年の不可解な事故死を調べている途中、このゲームを見つけた。書き込んだことが現実になるこのゲームにいつの間にか参加させられていた都薙緋真は、他のマスターから命を狙われることに・・・

 乙一さん推薦の帯で目を惹いたホワイトハート新人賞受賞作。
 ゲームを中心に据えた小説かと思いきや、ゲームは味付け程度、ホラーテイストの強い作品でした。予想していたものとは違いましたが、それなりに楽しめました。
 ゲーム的な要素のある小説というと、最近では『扉の外』あたりを思い浮かべます。当然そのあたりを期待していたのですが、あまりゲームが生かされていない印象です。もちろん、このゲームなしには物語の始まりも終わりもないのですが、少々物足りません。なんでしょう。人物がゲームの中にいる小説と、ゲームの外にいる小説の違い?でしょうか。

 ただ、読者をぐいぐいと引き込む物語ですし、苦い過去のある探偵鷺浦のキャラクターもおもしろいです。文章も難解すぎず優しすぎず、テンポもよくちょうどいい感じ。きっと力のある新人さんです。
 ラストの流れから、おそらく続編があることが想像できます。鷺浦の過去も関係するでしょうし、助手の璃砂も絡んでくるのかな。もっとゲーム世界を活用した、スケールの大きな物語を期待。
2008年6月18日読了
2008.06.27 Friday 19:16 | ま行(その他) | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

2009.09.29 Tuesday 19:16 | - | - | -
コメント
コメントする











トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://skipturnreset.jugem.jp/trackback/833