こんな夜だから書庫に行こう

はてなから感想の保管作業終了!!
現在、10年ほど前の一言感想をアップしています。
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Profile

Selected entries

Category

Archives

Links

BlogPeople

STARLIGHT mini

あわせて読みたい

あわせて読みたい

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

Comment

Trackback

Other


  • Admin
  • RSS1.0 | Atom0.3
  • Template by Dsh+
  • Powered by JUGEM
<< 氷室冴子『なんて素敵にジャパネスク2』 | top | 氷室冴子『続ジャパネスク・アンコール!』 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.09.29 Tuesday | - | - | -

氷室冴子『ジャパネスク・アンコール!』

評価:
氷室 冴子
集英社
¥ 440
(1999-04)
Amazonおすすめ度:
氷室さんの筆にのせられて、、、
 都を騒がせた唯恵の謀反未遂ののち、瑠璃姫は傷ついた心と体を癒すため、吉野に籠もることになった。都に残った高彬は、唯恵が生きのびているという話を耳にする。瑠璃姫のためにも唯恵に生きていてほしいと願う高彬は、夜中に邸を抜け出し、西の京の調査に向かった・・・

 高彬とその乳兄弟守弥それぞれの一人称で語られる2編を収録した番外編。瑠璃姫不在の都での物語ですが、シリーズ構成上読み飛ばすことはできません。
「高彬のジャパネスク・ミステリー の巻」
 独自で唯恵出没の調査にあたった高彬が見たものは・・・瑠璃姫のために孤軍奮闘する高彬。事件のオチはあっけなく、拍子抜けでした。もちろん、立場は違えど人を想う気持ちは同じということですが。
「ジャパネスク・スクランブル の巻」
 高彬の乳兄弟守弥にとって、都で「物の怪憑き」と評判の瑠璃姫が許嫁であることは、到底我慢のできることではなかった・・・瑠璃姫の追い落としに頭脳派の守弥が暗躍するのですが、インパクトが強いのは煌姫。「うまい話には裏がある」「人を見たら泥棒と思え」と言い放つ姫には笑いが絶えません。

 瑠璃姫不在ということでどうなることか不安もあったのですが、そんなものはきれいに払拭してくれました。煌姫の一人称があってもおもしろかったかも。過激ですから。

収録作:「高彬のジャパネスク・ミステリー の巻」「ジャパネスク・スクランブル の巻」
関連作:『なんて素敵にジャパネスク』『なんて素敵にジャパネスク2
2008年6月11日読了
2008.06.23 Monday 17:21 | は行(その他) | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

2009.09.29 Tuesday 17:21 | - | - | -
コメント
コメントする











トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://skipturnreset.jugem.jp/trackback/830