こんな夜だから書庫に行こう

はてなから感想の保管作業終了!!
現在、10年ほど前の一言感想をアップしています。
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Profile

Selected entries

Category

Archives

Links

BlogPeople

STARLIGHT mini

あわせて読みたい

あわせて読みたい

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

Comment

Trackback

Other


  • Admin
  • RSS1.0 | Atom0.3
  • Template by Dsh+
  • Powered by JUGEM
<< 加藤実秋『インディゴの夜』 | top | 井口ひろみ『月のころはさらなり』 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.09.29 Tuesday | - | - | -

朝倉かすみ『田村はまだか』

評価:
朝倉 かすみ
光文社
¥ 1,575
(2008-02-21)
Amazonおすすめ度:
どこかで聞いた名前・・・どこかで使われているネタ。
絶対おすすめ!!
心の奥深くをぎゅっとつかまれた気分。
 ススキノにあるバー「チャオ」。深夜になってもクラス会の三次会をしている5人は、一人の男を待ち続けていた。男の名は田村。彼は大雪で到着が遅れ、クラス会には間に合わなかった。四十になる男女5人は、彼を待ちながら口々に過去を振り返り、語りだした・・・

 やってくるのを待ちながら、過去を振り返る。それだけのはず。いつ来るか、いつ来るか、そう思いながら、ひたすら待ち続ける。「田村はまだか!」と繰り返しながら。そこには過去に対する悔恨や淋しさがあり、あの「孤高の小学生」だった田村なら何とかしてくれるのではないかという期待があるようにも見えました。
 こういう作品、こういうテーマは嫌いではないのです。自分がそういう年なのかどうかはともかく、過去を振り返る話。
 でも、いい話が多かった反面、もう少し田村を絡めたエピソードにして欲しかったという希望があります。そこで、今何故田村なのか、田村を欲するのか明確にされていてもよかったのではないでしょうか。
 また、最後の大きなエピソードはなくてもよかったのでは。なんとなく無理矢理つけたような印象がします。

 四十になった同級生たちの半生がリアルに語られるのがいいですね。また、「チャオ」のマスターがとてもいい雰囲気を持っていました。5人の名前が明らかになるにつれ、彼らが身近になってくるような気がしました。雪の中の、心があたたかくなる物語です。
2008年6月3日読了
2008.06.10 Tuesday 14:34 | あ行(その他) | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

2009.09.29 Tuesday 14:34 | - | - | -
コメント
コメントする











トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://skipturnreset.jugem.jp/trackback/824