こんな夜だから書庫に行こう

はてなから感想の保管作業終了!!
現在、10年ほど前の一言感想をアップしています。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Profile

Selected entries

Category

Archives

Links

BlogPeople

STARLIGHT mini

あわせて読みたい

あわせて読みたい

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

Comment

Trackback

Other


  • Admin
  • RSS1.0 | Atom0.3
  • Template by Dsh+
  • Powered by JUGEM
<< 道尾秀介『シャドウ』 | top | 朝倉かすみ『田村はまだか』 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.09.29 Tuesday | - | - | -

加藤実秋『インディゴの夜』

評価:
加藤 実秋
東京創元社
¥ 714
(2008-03-11)
 「クラブみたいなハコで、DJやダンサーみたいな男の子が接客してくれるホストクラブがあればいいのに」そんな一言から生まれたclub indigo。店の人気は上々だが、なぜかホストたちが殺人や誘拐といった事件に巻き込まれてしまう。その度にオーナーの晶とホストたちは夜の渋谷を奔走するが・・・

 第10回創元推理短編賞受賞作「インディゴの夜」を含む連作短編集。全体にミステリとしての推理要素は薄く、創元推理短編賞のイメージから本格ミステリを期待した方にはやや期待はずれかも。ただし、晶とホスト探偵団の痛快な活躍は楽しく、読んで損はしないのでは?
「インディゴの夜」
 客だった編集者のまどかが殺された。容疑をかけられたホストのTKOは、彼女の部屋から怪しい女が出て行くのを見たという・・・いきなりホスト探偵たちが活躍。事件の展開はやや都合がよいようにも思え、創元推理短編賞を受賞した割にミステリ食は薄いのですが、事件の真相にはちょっとした恐ろしさを感じます。
「原色の娘」
 ジョン太が預かったのは小学生の祐梨亜。よそのホスト・空也に惹かれた祐梨亜は借りられるだけ金を借り、姿を消した・・・いつも女性客を手玉にとっているようなホストたちが、小学生に翻弄される姿がおもしろいですね。ちょっとした暗号ものですが、本当にちょっとした。
「センター街NPボーイズ」
 区長の娘が撮られたやばい写真の回収を依頼された晶たち。撮ったナンパ師は区長を強請ろうとしているが・・・東京って本当に怖いところですね。今度はセンター街での大追跡戦。
「夜を駆る者」
 憂夜への電話は、辞めたホストのBINGOからのSOSだった。晶はキャバ嬢に扮しBINGOが働いていたクロノスに潜入するが・・・憂夜さん大活躍。ジョン太たちの失態は想像どおりでしたが、その後の華々しい乱闘劇はおもしろかったです。晶がクロノスのターゲットにされた理由には思わず苦笑。

 とにかくいきいきと描かれるホストたちが魅力的。ホストといっても一般的なホストクラブのホストではなく、アフロだったりDJだったりと個性的でしかもたくましいホストたちです。彼らが独自のネットワークを生かしたり、渋谷の街を駆け巡る様はワクワクさせてくれます。
 夜の東京をちょっとだけ掘り下げ、垣間見ることが出来る短編集。続編の『チョコレートビースト』も出されていて、こちらも期待大。長編でもおもしろいかも。

収録作:「インディゴの夜」「原色の娘」「センター街NPボーイズ」「夜を駆る者」
2008年6月2日読了
2008.06.09 Monday 17:04 | か行(その他) | comments(0) | trackbacks(2)

スポンサーサイト

2009.09.29 Tuesday 17:04 | - | - | -
コメント
コメントする











トラックバック
狭間の広場  at 2008.06.09 Mon 18:36
インディゴの夜――チョコレートビースト/加藤実秋
インディゴの夜 チョコレートビースト (ミステリ・フロンティア)/加藤 実秋 ¥1,575Amazon.co.jp 【深く蒼い夜の似合う街・渋谷。 近頃女の子たちの話題を集めているのは、一風変わったホストクラブ“club indigo”。 スタイリッシュで魅力的なホストが揃うこの店
自由の森学園図書館の本棚  at 2009.01.21 Wed 23:17
読書メモ『インディゴの夜』
今日は『インディゴの夜』を読みました。 女性ライター・高原晶は、大手出版社の編集者・塩谷とともにちょっと変わったホストクラブ『club indigo』をつくり、そこのオーナーとなります。すると、『club indigo』は大繁盛。 ですが、その矢先にクラブの客が謎の事
この記事のトラックバックURL
http://skipturnreset.jugem.jp/trackback/823