こんな夜だから書庫に行こう

はてなから感想の保管作業終了!!
現在、10年ほど前の一言感想をアップしています。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Profile

Selected entries

Category

Archives

Links

BlogPeople

STARLIGHT mini

あわせて読みたい

あわせて読みたい

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

Comment

Trackback

Other


  • Admin
  • RSS1.0 | Atom0.3
  • Template by Dsh+
  • Powered by JUGEM
<< 小路幸也『高く遠く空へ歌ううた』 | top | 加藤実秋『インディゴの夜』 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.09.29 Tuesday | - | - | -

道尾秀介『シャドウ』

評価:
道尾 秀介
東京創元社
¥ 1,575
(2006-09-30)
Amazonおすすめ度:
ラスト。全ての謎が解ける心地良さ。唸って下さい。
転々々々
秀作
 癌で母・咲枝を亡くした小学五年生の我茂凰介。葬儀から一週間ほどで凰介は登校したが、今度は幼馴染の水城亜紀の母・恵が夫の職場から転落死してしまう。亜紀も車にはねられ、父・洋一郎や亜紀の父・徹の様子もおかしい。いったい両家には何が起きているのか・・・

 ミステリ・フロンティア第27回配本作品。第7回本格ミステリ大賞小説部門受賞作。
 ミスディレクションを多用した心理ミステリ。変わらぬ巧みな技術が見られます。多視点を活用した複雑な構造で、語るべきところとそうでないところを正確に使い分けています。それでいて過剰にごちゃつくことはなく、きれいにまとめられていて、スムーズに物語に引き込んでくれます。

 道尾さんの作品はまだ3作しか読んでいませんが、登場人物に対する徹底した厳しさがあるように感じられます。試練を与えているというべきかも。それが道尾さんの発言にある「本格ミステリほど人間を描ける、感情を描けるジャンルはほかにないんじゃないか」ということかもしれません。その点、本作は以前読んだ『向日葵の咲かない夏』に近いのかと。
 では、何が違うのかと考えたときに、思いついたのはやはり読後感でしょうか。『向日葵の咲かない夏』ではその不条理を生理的に受け付けられず、突き放されるような感覚がありました。今回の結末もまた決して正しいとか、きれいだとか言うべきものだとは思いませんが、それでも『向日葵の咲かない夏』ほどの読後感の悪さはありませんし、十分に受け入れられるものでした。もっとも、真相のインパクトでは劣りますが。

 ますます読みたくなる道尾作品。次は『背の眼』か、それとも『ソロモンの犬』か。
2008年5月29日読了
2008.06.03 Tuesday 23:41 | ま行(道尾秀介) | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

2009.09.29 Tuesday 23:41 | - | - | -
コメント
コメントする











トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://skipturnreset.jugem.jp/trackback/822