こんな夜だから書庫に行こう

はてなから感想の保管作業終了!!
現在、10年ほど前の一言感想をアップしています。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Profile

Selected entries

Category

Archives

Links

BlogPeople

STARLIGHT mini

あわせて読みたい

あわせて読みたい

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

Comment

Trackback

Other


  • Admin
  • RSS1.0 | Atom0.3
  • Template by Dsh+
  • Powered by JUGEM
<< アンソロジー『I LOVE YOU』 | top | 樋口有介『木野塚探偵事務所だ』 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.09.29 Tuesday | - | - | -

アンソロジー『告白。』

評価:
芦原 すなお,岩井 志麻子,若竹 七海,岸 虎次郎,本沢 みなみ,安藤 由希,前川 麻子
ジャイブ
¥ 567
(2006-09)
Amazonおすすめ度:
懐かしさでほんわかしました
 ピュアフル・アンソロジーの第2弾は『告白。』。告白にもいろいろなものがありますね。
●前川麻子「靴を買う」
 母は、靴だけで顔も見たことのない男に恋した・・・読み返すたびに新しいものが見えてくる。そんな感じ。
●安藤由希「すばらしき日々」
 でぶのかっちゃんが告白した相手はなんと・・・なんてことはないかもしれないけれど、爽快な気分になりました。
●本沢みなみ「自転車くるくる」
 自転車置場にあるはずの自転車がない・・・連鎖の面白みがあるのですが、自転車目線はいらないでしょう。そのほうがスマート。
●岸虎次郎「マルスのキス」
 優等生の美紀が彫像に口付けるのを見てしまった・・・予想外の展開に驚き。メガネって、そんなに気になるんでしょうか。
●岩井志麻子「形見の花園の廃園」
 逃げ出したいとも、どこかに行きたいとも思わなかった・・・告白には告白なのですが、ちょっとこの場に組み込むのは場違いな気がしました。
●芦原すなお「木霊」
 父、兄の後を継いだ院長が思い出すのは、初恋の日々・・・想定していなかった仕掛けの意外性がうれしかったです。
●若竹七海「話を聞いて」
 ドジなお嬢様が見つけたのは素っ裸の女の死体だった・・・今回も舞台は葉崎。相変わらずのブラックな展開がいいですね。これ、登場人物がリンクしていたりするのでしょうか。

 「話を聞いて」をお目当てにしていたのですが、これが楽しくて何より。このピュアフル・アンソロジーではほかに『卒業。』『手紙。』に若竹作品が収録されているので、こちらも楽しみです。

収録作:前川麻子「靴を買う」/安藤由希「すばらしき日々」/本沢みなみ「自転車くるくる」/岸虎次郎「マルスのキス」/岩井志麻子「形見の花園の廃園」/芦原すなお「木霊」/若竹七海「話を聞いて」
2008年5月10日読了
2008.05.15 Thursday 22:20 | その他(その他) | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

2009.09.29 Tuesday 22:20 | - | - | -
コメント
コメントする











トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://skipturnreset.jugem.jp/trackback/816