こんな夜だから書庫に行こう

はてなから感想の保管作業終了!!
現在、10年ほど前の一言感想をアップしています。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Profile

Selected entries

Category

Archives

Links

BlogPeople

STARLIGHT mini

あわせて読みたい

あわせて読みたい

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

Comment

Trackback

Other


  • Admin
  • RSS1.0 | Atom0.3
  • Template by Dsh+
  • Powered by JUGEM
<< 乾くるみ『クラリネット症候群』 | top | 葵せきな『生徒会の二心 碧陽学園生徒会議事録2』 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.09.29 Tuesday | - | - | -

谷川流『涼宮ハルヒの動揺』

評価:
谷川 流
角川書店
¥ 540
(2005-03-31)
Amazonおすすめ度:
同様の動揺
これが人気のある文庫なのか
味のある短編集
 文化祭当日、ヒマ潰しに学校の中を歩いていると、講堂で目を疑うような光景に遭遇した。軽音楽部のステージにハルヒと長門が立っている! ハルヒは何をやらかそうとしているんだ・・・「ライブアライブ」

 「ザ・スニーカー」誌に掲載されたものを中心にした、秋から冬にかけての短編集。
「ライブアライブ」
 ハルヒと長門が飛び入りで参加した軽音楽部のステージの顛末・・・かつてこれほどまで好印象なハルヒがいたでしょうか。焼きそば売ってるみくると鶴屋さんよりも、今回は断然ハルヒなのです。
「朝比奈ミクルの冒険 Episode 00」
 未来からやってきたたたかうウェイトレス・朝比奈ミクルは、古泉イツキを守るために長門ユキと戦う・・・『溜息』で撮影していた映画。読んでいる限りではおもしろいのですが、きっと実物を見たらグダグダでしょう。
「ヒトメボレLOVER」
 電話をかけてきたのは中学のクラスメイト中河。彼は、キョンと並んでいた長門に惚れてしまったそうで・・・長門の最後の一言がすべて。情報統合思念体云々よりも、この一言のために書かれたような作品。
「猫はどこに行った?」
 冬といえば雪山。鶴屋家の別荘で殺人事件が発生した、という前提で謎を解く・・・「孤島症候群」に続く古泉作の推理劇。「雪山症候群」の後日譚。ひたすら物足りない。
「朝比奈みくるの憂鬱」
 みくるに誘われ一緒に出かける約束をしたキョン。それはハルヒたちには内緒のデート?・・・なんとも複雑な未来を予感させる作品。おそらくは次回以降への伏線でしょうから、この作品集中の最重要作でしょうか。言いたいことを言葉にできないというのは、もどかしいものです。

 このシリーズの特徴として、長短編含めて時間軸が一定しないことが挙げられます。例えば、「ミクルの冒険」は『溜息』で撮られた映画であり、その後「みくるの憂鬱」までの時間に「射手座の日」『消失』「雪山症候群」を挟むというように。このおかげで、かなり読みにくいものになっている気がしてなりません。
 ただし、SOS団のメンバーがそれぞれメインになっていて、それはそれで楽しめます。

収録作:「ライブアライブ」「朝比奈ミクルの冒険 Episode 00」「ヒトメボレLOVER」「猫はどこに行った?」「朝比奈みくるの憂鬱」
関連作:『涼宮ハルヒの憂鬱』『涼宮ハルヒの溜息』『涼宮ハルヒの退屈』『涼宮ハルヒの消失』『涼宮ハルヒの暴走
2008年4月20日読了
2008.04.23 Wednesday 17:56 | た行(谷川流) | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

2009.09.29 Tuesday 17:56 | - | - | -
コメント
コメントする











トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://skipturnreset.jugem.jp/trackback/806