こんな夜だから書庫に行こう

はてなから感想の保管作業終了!!
現在、10年ほど前の一言感想をアップしています。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Profile

Selected entries

Category

Archives

Links

BlogPeople

STARLIGHT mini

あわせて読みたい

あわせて読みたい

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

Comment

Trackback

Other


  • Admin
  • RSS1.0 | Atom0.3
  • Template by Dsh+
  • Powered by JUGEM
<< 有川浩『阪急電車』 | top | 乾くるみ『クラリネット症候群』 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.09.29 Tuesday | - | - | -

有川浩『図書館戦争』

評価:
有川 浩
メディアワークス
---
(2006-02)
Amazonおすすめ度:
むちゃくちゃ、良い本です☆
面白い!
アニメ版の堂上教官のビジュアルに異議あり。
 一方的に有害の図書を決め付け、規制する「メディア良化委員会」に対し、いくつかの自由を楯に武装した公立図書館。かつて書店で図書隊員に助けられたことのある笠原郁は図書隊員に憧れ、女性でありながら過酷な図書隊員になった・・・

 現代日本では考えられない「メディア良化法」。おそらくこれに反感を覚えた時点で作者の思う壺、僕の負けだったのでしょう。一言で表現するなら、はまった。
 そもそもこういった荒唐無稽な設定の場合、読者をその世界にどれだけ引き込むことができるのかがポイントでしょう。その点この『図書館戦争』は、「メディア良化法」というおそらく本を読む者の多くが反発するような小道具を用いることによって、グイグイと力強く引きずり込んでいくのです。

 『図書館戦争』というちょっといかめしいようなタイトルがついていますが、中身は図書館と戦争を使ったラブコメといったところでしょうか。読んでいて随分昔のドラマ『スチュワーデス物語』を思い浮かべました。有川さんが目指した「月9連ドラ風」というコンセプトは概ね達成されているということでしょうか。
 郁の王子様の正体なんてあまりにもあからさまなのですが、ここからどういう風に持っていくのか、すごく気になります。あと3冊。おまけに別冊まで。真実を知ったときの郁の反応が楽しみ。
 あくまでラブコメでエンタメですから、検閲や規制といった重い問題に深く切り込んではいません。その点若干物足りなく感じるかも。でもいいじゃないですか、楽しければ。それではいけませんか?
2008年4月13日読了
2008.04.15 Tuesday 23:03 | あ行(有川浩) | comments(0) | trackbacks(1)

スポンサーサイト

2009.09.29 Tuesday 23:03 | - | - | -
コメント
コメントする











トラックバック
怪鳥の【ちょ〜『鈍速』飛行日誌】  at 2008.05.01 Thu 05:57
有川浩 『図書館戦争』を読む
「図書館戦争」有川浩/著(メディアワークス刊) 一、図書館は資料収集の自由を有する。 二、図書館は資料提供の自由を有する。 三、図書館は利用者の秘密を守る。 四、図書館はすべての不当な検閲に反対する。 図書館の自由が侵される時、我々は団結して、あくま
この記事のトラックバックURL
http://skipturnreset.jugem.jp/trackback/804