こんな夜だから書庫に行こう

はてなから感想の保管作業終了!!
現在、10年ほど前の一言感想をアップしています。
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>

Profile

Selected entries

Category

Archives

Links

BlogPeople

STARLIGHT mini

あわせて読みたい

あわせて読みたい

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

Comment

Trackback

Other


  • Admin
  • RSS1.0 | Atom0.3
  • Template by Dsh+
  • Powered by JUGEM
<< 近藤史恵『タルト・タタンの夢』 | top | 樋口有介『不良少女』 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.09.29 Tuesday | - | - | -

森見登美彦『有頂天家族』

評価:
森見 登美彦
幻冬舎
¥ 1,575
(2007-09-25)
Amazonおすすめ度:
愉快痛快
おもしろかった……けど。。。。
ただ面白いだけじゃない!
 糺ノ森に住む下鴨家は狸である。狸の頭領・偽右衛門だった父の死後、その威光が薄れゆく中で偽右衛門の座を争う長兄矢一郎と叔父夷川早雲。「阿呆であることがすべて」な矢三郎は、往年の力を失った師匠・天狗の赤玉先生や半天狗の弁天に翻弄される日々。おまけに狸鍋を食さんとする金曜倶楽部の魔の手が迫る。果たして、金曜倶楽部から逃げ切れるのか。そして、夷川一族との対決の行方や如何に・・・

 モリミーワールド全開のファンタジックタヌキストーリー。
 読み出した当初はこの物語の設定にひどく違和感を覚え、なかなか読み進めにくく感じました。それは、今まで読んできた森見作品があくまで人間を主人公にした阿呆な物語であったのに比べ、『有頂天家族』が狸を擬人化にしたようなファンタジーであったことを受け入れがたかったのでしょう。もともとあまりファンタジー寄りの物語は読まないので。
 まあ、読み慣れてくれば作者の思うツボ。狸に化かされたようなおもしろさでした。

 毎度毎度の「クタバレ!」「おまえらひとり残らず身の程を知れ!」 なんてセリフもさることながら、狸に天狗そして人間が入り混じった乱痴気騒ぎのおもしろさが最高。達磨のような小さいものだけでなく、偽蕎麦屋や偽叡山電車なんてものにまで化けてハチャメチャな展開なのです。『夜は短し歩けよ乙女』の時にも思ったのですが、やはり『うる星やつら』のような物語が好きな方なら十分に楽しめることでしょう。
 また、かわいらしい毛玉たちが何匹も出てきますが、中でも矢三郎の元許婚・海星のツンデレ(?)ぶりは随一のかわいらしさ。
 人間が主人公でない分、今までの作品よりも一般受けするかもしれませんね。早くも第二部が楽しみ。
 とにかく「面白きことは良きことなり!」という言葉で、この阿呆な文章も終わりにします。
2007年11月22日読了
有頂天家族
2007.11.24 Saturday 11:46 | ま行(森見登美彦) | comments(3) | trackbacks(2)

スポンサーサイト

2009.09.29 Tuesday 11:46 | - | - | -
コメント
じっちゃん  at 2007.11.25 Sun 03:36
森見登美彦さんは未読です。
評判は知っているし、気にはなっているのですが、
ほかに読まねばならない本もいっぱいあり・・・
ということでこれまで手を伸ばさないでいました。
でも、shiba_motoさんのこのレビューを読んで
たまらなく読んでみたくなりました。
まずは処女作の『太陽の塔』を読んでみようかな。
shiba_moto  at 2007.11.27 Tue 20:30
こんばんは。コメントありがとうございます。
森見さんの作品はおもしろいのですが、中にはまったく受け付けない、くだらないという感想を持つ方もいるような気がします。
もしよろしければ、少しでも立ち読みをなさることをおすすめします。
じっちゃん  at 2007.11.28 Wed 04:29
親切なアドバイスありがとうございます。
では、書店で立ち読みさせていただくことにします(笑
コメントする











トラックバック
本読みな暮らし  at 2007.12.11 Tue 13:50
有頂天家族
著  者:森見登美彦出版社:幻冬舎出版日:2007年9月25日第1刷評  価:☆
Book A GoGo!!! 〜本の読書感想ブログ〜  at 2008.06.13 Fri 16:33
『有頂天家族』(森見登美彦) <感想&書評>
有頂天家族森見 登美彦幻冬舎 2007-09-25売り上げランキング : 32310おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools 本の内容 糺ノ森に住む狸の名門・下...
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。