こんな夜だから書庫に行こう

はてなから感想の保管作業終了!!
現在、10年ほど前の一言感想をアップしています。
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Profile

Selected entries

Category

Archives

Links

BlogPeople

STARLIGHT mini

あわせて読みたい

あわせて読みたい

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

Comment

Trackback

Other


  • Admin
  • RSS1.0 | Atom0.3
  • Template by Dsh+
  • Powered by JUGEM
<< 宮木あや子『花宵道中』 | top | ひびき玲音、鈴本紅『カレン坂高校 可憐放送部』 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.09.29 Tuesday | - | - | -

竹宮ゆゆこ『とらドラ4!』

評価:
竹宮 ゆゆこ
メディアワークス
¥ 536
(2007-01-06)
Amazonおすすめ度:
さらに引き出されるキャラの引き出し
純粋なラブコメ
1巻は面白かったのですが…。
 夏!夏といえば海! 夏休みになって亜美の別荘へ行くことになった竜児や大河たち5人。これを機会になんとか互いに実乃梨や北村と近づきたいところ。そこで二人は、共倒れを防ぐために協力体制で臨むことにしたのだった・・・

 すっかり積んでしまっていた『とらドラ4!』。せっかくなのでちょうどよい季節に読みました。
 これ一冊だけを読むと単なる夏の小旅行なのだけれど、ラブコメとしては今までのコメ路線からラブ路線に軸足を移した印象が強い作品です。
 竜児と大河で必死に策を練って怖がりの実乃梨を脅かそうとする件もおもしろいですが、竜児と実乃梨が2人だけでしっとりと話すシーンがなんとも印象的。彼女にはこんな一面もあったのですね。急接近とまではいかないけれど、確実に物語は進んでいます。やはりみのりんは太陽なのでした。
 もちろん、コメディーとしても小ネタが盛りだくさん。こっち方面でがんばっていたのは北村ですね。相変わらず小ネタはちょっと古くて、ツボをはずさないセンスはさすがです。
 夏休みが終わったので、次は二学期ですね。今度は大河の番でしょうか?

 関連作:『とらドラ!』『とらドラ2!』『とらドラ3!
2007年8月27日読了

2007.08.29 Wednesday 14:31 | た行(竹宮ゆゆこ) | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

2009.09.29 Tuesday 14:31 | - | - | -
コメント
コメントする











トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://skipturnreset.jugem.jp/trackback/712