こんな夜だから書庫に行こう

はてなから感想の保管作業終了!!
現在、10年ほど前の一言感想をアップしています。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Profile

Selected entries

Category

Archives

Links

BlogPeople

STARLIGHT mini

あわせて読みたい

あわせて読みたい

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

Comment

Trackback

Other


  • Admin
  • RSS1.0 | Atom0.3
  • Template by Dsh+
  • Powered by JUGEM
<< 坂木司『ワーキング・ホリデー』 | top | 桜庭一樹『青年のための読書クラブ』 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.09.29 Tuesday | - | - | -

日向まさみち『本格推理委員会』

評価:
日向 まさみち
角川書店
¥ 660
(2006-12-22)
Amazonおすすめ度:
浅く多くに広げすぎ
残念
 マンモス校・木ノ花学園に入学した城崎修は、理事長の木ノ花あざみから学園内の事件を調査する「本格推理委員会」に入ることを強要される。拒みつつも委員会と行動を共にし、小学部での幽霊事件の解決にカメラを担いで文字通り力を貸す城崎だったが・・・

 第1回ボイルドエッグズ新人賞受賞作。ライトノベルとミステリの融合体として、なかなか興味深くおもしろい作品でした。
 人物や状況の設定にライトノベルの風味が強く出されているけれど、決してそれだけではなく、『本格推理委員会』というタイトルが示すように真正面から本格推理に挑もうとしているようで、そこには非常に好感を持ちました。

 ただ、ライトノベルとミステリのどちらが主でどちらが従だったのかわかりませんが、ミステリ側から考えると、ライトノベル風味の味付けが濃く、ミステリとしての要素は薄く感じられてしまいます。
 また、これほど多くの人物を登場させる必要があったのか、疑問に思う部分もあります。これがシリーズものとしてつづいていくのならともかく、第2作が発表されていない現状ではそれも期待薄か。いや、まあ登場人物を増やすことに意味があるという考え方もあるかもしれないですけど。
 もっとも、それぞれのキャラが立っており、会話もテンポよく進むのであまりそういったことを欠点のように強く感じずに済むのも利点でしょうか。

 まだまだ若い書き手ですし、のびしろも十分にありそうなので第2作を書いてほしいところです。
2007年8月10日読了

2007.08.20 Monday 13:30 | は行(その他) | comments(0) | trackbacks(1)

スポンサーサイト

2009.09.29 Tuesday 13:30 | - | - | -
コメント
コメントする











トラックバック
狭間の広場  at 2007.08.20 Mon 13:58
本格推理委員会/日向まさみち
日向 まさみち 本格推理委員会 最初と最後でドン引きしました。 女何人? 理事長のあざみ先生、歩く国家権力のなっちゃんに、 学園一知識を持つ鈴ちゃん、百%の命中率である勘を持つ幼馴染の椎。 これで結成される「本格推理委員会」。 命令はあざ
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。