こんな夜だから書庫に行こう

はてなから感想の保管作業終了!!
現在、10年ほど前の一言感想をアップしています。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Profile

Selected entries

Category

Archives

Links

BlogPeople

STARLIGHT mini

あわせて読みたい

あわせて読みたい

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

Comment

Trackback

Other


  • Admin
  • RSS1.0 | Atom0.3
  • Template by Dsh+
  • Powered by JUGEM
<< 黒田研二『カンニング少女』 | top | 谷川流『涼宮ハルヒの暴走』 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.09.29 Tuesday | - | - | -

谷川流『涼宮ハルヒの消失』

涼宮ハルヒの消失
涼宮ハルヒの消失谷川 流 いとう のいぢ

角川書店 2004-07
売り上げランキング : 162

おすすめ平均 star
starシリーズ最高作
star秀作
star期待を裏切りませんでした

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 そこにはいるはずの人がいなかった。涼宮ハルヒ。クラス中の誰もがそんな人はいないと言う。おかしい。長門も朝比奈さんも変だし、古泉はどこにもいない。もちろんSOS団もない。そして、いるはずのない人がいた。朝倉涼子だった。

 シリーズ最高傑作! なんて評判も聞いていたシリーズ第4作。その評判どおり、なかなかおもしろい作品に仕上がっていました。
 『憂鬱』『溜息』『退屈』という過去3作が見事に伏線として機能しています。特に『退屈』に収録されていた「笹の葉ラプソディ」が再構成されて取り込まれています。この辺が当初から予定していたことなのか、それとも後から拾い集めているのかわかりませんが、とにかくキッチリカチッときれいにはめ込まれた印象なんです。
 また、「やれやれ」といった風につねにSOS団を見つめ続け、ハルヒによって事件に巻き込まれ続けたキョンが、必死になってハルヒに会おうとしたり、元の世界に戻そうとするのが印象的でした。SOS団やハルヒ他、キョン自身がおかれている摩訶不思議な世界の全肯定ですからね。
 ちなみに、今回大活躍の長門ですが、今までどおり無口な方がいい気がするんですけど。その方がらしくて。第一、それが長門有希の構成要素じゃないんですか。

関連作:『涼宮ハルヒの憂鬱』『涼宮ハルヒの溜息』『涼宮ハルヒの退屈
2007年6月26日読了
2007.07.02 Monday 17:14 | た行(谷川流) | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

2009.09.29 Tuesday 17:14 | - | - | -
コメント
コメントする











トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://skipturnreset.jugem.jp/trackback/697