こんな夜だから書庫に行こう

はてなから感想の保管作業終了!!
現在、10年ほど前の一言感想をアップしています。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Profile

Selected entries

Category

Archives

Links

BlogPeople

STARLIGHT mini

あわせて読みたい

あわせて読みたい

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

Comment

Trackback

Other


  • Admin
  • RSS1.0 | Atom0.3
  • Template by Dsh+
  • Powered by JUGEM
<< 小路幸也『空を見上げる古い歌を口ずさむ』 | top | あさのあつこ『ありふれた風景画』 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.09.29 Tuesday | - | - | -

吉野万理子『秋の大三角』

秋の大三角
秋の大三角吉野 万理子

新潮社 2005-12-15
売り上げランキング : 396943

おすすめ平均 star
starう〜ん、ちょっと無理です。
starヤングアダルト向けファンタジー
star引き込まれてしまった!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 横浜で「ツタの学園」と呼ばれる中高一貫の女子校に通う里沙。中学二年の彼女にとって憧れの存在は、バスケ部のエースで、しかも演劇部の大先輩詩央の妹である真央。「ツタの学園」では根岸線に登場するキス魔の痴漢が噂になっていたが、痴漢はこともあろうに里沙の目の前で真央とキスしたのだ・・・

 第1回新潮エンターテインメント新人賞受賞作。一人選考委員だった石田衣良さんの選評にもあるとおり、テンポがよく読みやすい文章で、それだけでも好感度が高い作品です。吉野さんは新人とはいえ脚本家として書き慣れているであろう方なので、それくらい当然なのかもしれません。
 さて、読んでいて気になった点がいくつか。
 まず、主人公里沙があまりに幼く、行動や思考がエキセントリックすぎます。親友の由希が事前に秘密を明かさなかったことから遠ざけたり、母親が家を出て行ったことから短絡的に退部届を出して顧問に押し付けたり、様子が不可解だからと折れたゼムクリップで突然人に刺したりと、僕の理解を超えています。しかも、他の誰からもたしなめられたりせず、普通の行動として書かれているから困惑してしまいます。
 さらに、「ツタの学園」で憧れの的である真央が魅力的な人物だとは感じられません。確かにバスケ部のエースとして活躍し、ピアノもできるという多彩な人物なのかもしれませんが、その行動は独善的で身勝手。傍目にはよくても中身が・・・
 また、好みの問題でしょうが、ファンタジー的な要素はいれず、青春小説に徹してもよかったかもしれません。現実の横浜をふんだんに登場させていてリアルでしたし。この作品世界にあの要素というのはちょっと違和感がありました。

 しかし、何だか文句をつけてばかりの気もしますが、それでも結構楽しく読みました。展開もスリリングで、引き込まれました。「ツタの学園」での生活とかおもしろかったですし、何より東急東横線とMM21線の直通がこんな形で出てくるとは。ちなみに僕は横浜の地理が頭に全くないので、地図を見ながら読みました。きっと「ツタの学園」のモデルはあの学校なのだろうとか。
2007年5月25日読了
2007.05.29 Tuesday 11:23 | や行(その他) | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

2009.09.29 Tuesday 11:23 | - | - | -
コメント
コメントする











トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://skipturnreset.jugem.jp/trackback/687