こんな夜だから書庫に行こう

はてなから感想の保管作業終了!!
現在、10年ほど前の一言感想をアップしています。
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Profile

Selected entries

Category

Archives

Links

BlogPeople

STARLIGHT mini

あわせて読みたい

あわせて読みたい

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

Comment

Trackback

Other


  • Admin
  • RSS1.0 | Atom0.3
  • Template by Dsh+
  • Powered by JUGEM
<< 鮎川哲也『死者を笞打て』 | top | 鮎川哲也『りら荘事件』 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.09.29 Tuesday | - | - | -

佐々木譲『勇士は還らず』

勇士は還らず
勇士は還らず佐々木 譲

朝日新聞社 1997-10
売り上げランキング : 535165


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

米サンディエゴで農業視察団の日本人が射殺された。妻と娘、高校時代の親友3人がただちに現地に駆けつける。だが、被害者には視察以外の目的があったとする警察に、妻はなぜか協力を拒む。遺留品のノートには69年に南ベトナムで起こった日本人爆死事件の切り抜きが…。

 応援団との騒動、脱走米兵の件・・・高校時代から友情を温め続けた6人・・・鳴海が明かした和也のサイゴンでの自殺というのは事実なのでしょうか。飛び飛びにはなっているものの、青春モノとしての一面もあります。最後の最後まで和也が姿を現さないのは死んでいるから当然とはいえ、『夜にその名を呼べば』と同じです。でも、少し違ったおもしろさがあります。
1998年6月8日読了
1998.06.08 Monday 00:00 | さ行(佐々木譲) | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

2009.09.29 Tuesday 00:00 | - | - | -
コメント
コメントする











トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://skipturnreset.jugem.jp/trackback/664