こんな夜だから書庫に行こう

はてなから感想の保管作業終了!!
現在、10年ほど前の一言感想をアップしています。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Profile

Selected entries

Category

Archives

Links

BlogPeople

STARLIGHT mini

あわせて読みたい

あわせて読みたい

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

Comment

Trackback

Other


  • Admin
  • RSS1.0 | Atom0.3
  • Template by Dsh+
  • Powered by JUGEM
<< 谷川流『涼宮ハルヒの退屈』 | top | 恩田陸『黄昏の百合の骨』 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.09.29 Tuesday | - | - | -

恩田陸『図書室の海』

図書室の海
図書室の海恩田 陸

新潮社 2005-06
売り上げランキング : 35209

おすすめ平均 star
star才能の宝庫!
star凝縮した魅力
star図書室の海

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 表題作「図書室の海」を含む10編によるノンシリーズの短編集。ノンシリーズということで当然バラバラなのですが、中にはシリーズものの外伝的なものや、他の長編の予告編的なものもあって楽しめました。様々な形で恩田ワールドのエッセンスが満載といったところでしょうか。引き出しの数と深さに思わず感嘆。

●「春よ、こい」
 卒業式で聞いた短歌。その話、以前にどこかでした気が・・・繰り返されるシーンに誘われて、時の迷宮にたどり着いたかのよう。
●「茶色の小壜」
 事故現場で応急処置をする女性は、そつなく仕事をこなす同僚だったが・・・怖さこそあまり感じないのですが、ピリッと毒の効いた作品。
●「イサオ・オサリバンを捜して」
 イサオ・オサリバンとはどんな人物だったのか・・・戦場に散った小さな英雄伝、かと思いきや予想もしなかった展開に。これがどうつながっていくのか、興味があります。
●「睡蓮」
 「源氏物語を知っているか?」そう尋ねる兄とは本当の兄妹じゃない・・・幼き日の水野理瀬の物語。そうか、あの人なんですね。
●「ある映画の記憶」
 思い出した映画の一場面。海にとり残された母に促され陸に向かうが、振り向くとそこに母はいない・・・アンソロジー『大密室』で既読。確かに密室ものですが、それよりも作品全体が持つ雰囲気が印象的。
●「ピクニックの準備」
 高校生活最後のイベント「歩行祭」を明日に控え、準備をしながら考えること。貴子も融も、そして・・・全くの予告編。『夜のピクニック』を再読したくなります。
●「国境の南」
 あの喫茶店の常連達は次々と亡くなっていった。誰もが彼女目当てに通っていたのだが・・・心に秘めていたものは何だったのか。なかなかの怖さと同時に謎を感じます。
●「オデュッセイア」
 意思を持った大地ココロコ。そのすすむ先には何があるのか、どんな人がいるのか・・・ココロコの目線を通した人類と都市の変遷のような物語圧縮版。ぜひとも長編を読んでみたいけれど、短編のほうがいい題材かも。
●「図書室の海」
 夏は卒業した先輩が借りた本を片っ端から探した。だが、どの読書カードにも先輩の名とともにもう一人の名が書かれていた・・・『六番目の小夜子』の番外編。冒頭の読書カードからずっとあの曲が頭を離れませんでした。
●「ノスタルジア」
 集まった人々による告白。それは「最初の記憶」だった・・・恩田作品全般で感じる「懐かしさ」の固まりそのもの。これが原点というのも納得。

 ホラーやファンタジー、ミステリ、SFなど幅広いジャンルをカバーした作品集。しかし、どれもがこれぞ恩田陸というような作品ばかりで、らしさがよく出ています。余韻を残すような終わり方をするものが多く、予告編あるいは番外編としての役割もキッチリ果たしています。恩田ファンには見逃せない1冊。

収録作:「春よ、こい」「茶色の小壜」「イサオ・オサリバンを捜して」「睡蓮」「ある映画の記憶」「ピクニックの準備」「国境の南」「オデュッセイア」「図書室の海」「ノスタルジア」
関連作:『三月は深き紅の淵を』『麦の海に沈む果実』『黄昏の百合の骨』『夜のピクニック
2007年4月19日読了
2007.04.20 Friday 13:50 | あ行(恩田陸) | comments(0) | trackbacks(1)

スポンサーサイト

2009.09.29 Tuesday 13:50 | - | - | -
コメント
コメントする











トラックバック
風と雲の郷(読書と時折の旅と・・)  at 2007.05.03 Thu 16:23
図書室の海(恩田陸)
 恩田陸は、不思議な作家である。作品を読んでいると、良く分からないところが結構ある。また、恩田作品は、他の作品と色々と関連を持いるため、一つの作品を読んでも、その背景などが良く分からないこともあるから、なおさらである。 「図書室の海」(恩田陸:新潮文
この記事のトラックバックURL
http://skipturnreset.jugem.jp/trackback/639