こんな夜だから書庫に行こう

はてなから感想の保管作業終了!!
現在、10年ほど前の一言感想をアップしています。
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Profile

Selected entries

Category

Archives

Links

BlogPeople

STARLIGHT mini

あわせて読みたい

あわせて読みたい

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

Comment

Trackback

Other


  • Admin
  • RSS1.0 | Atom0.3
  • Template by Dsh+
  • Powered by JUGEM
<< 谷川流『涼宮ハルヒの溜息』 | top | 恩田陸『図書室の海』 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.09.29 Tuesday | - | - | -

谷川流『涼宮ハルヒの退屈』

涼宮ハルヒの退屈
涼宮ハルヒの退屈谷川 流 いとう のいぢ

角川書店 2003-12
売り上げランキング : 315

おすすめ平均 star
star短編の評価は色々。
star25年後か16年後に叶う時差の激しい願い事に願う事
star「憂鬱」が「溜息」に変わるまでは『退屈』を全力回避

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ハルヒの退屈はキョンたちSOS団に様々な事件をもたらす。それは草野球だったり、七夕だったり、人捜しだったり、合宿だったり。しかし、あらゆる手段を駆使してでも、ハルヒの精神状態を安定させなければ・・・

 4編が収録されたシリーズ初の短編集。
●「涼宮ハルヒの退屈」
 退屈しのぎにハルヒが試みたのは草野球大会への参加だった。SOS団は5人しかいないのに・・・『憂鬱』発売前に雑誌で発表された作品とのこと。『憂鬱』『溜息』と読んだあとの『退屈』に収録されているからいいものの、雑誌でいきなりこれを読んだらなかなか理解が難しかったのではないかと。
●「笹の葉ラプソディ」
 みくるとともにあの三年前にタイムスリップしたキョン。待っていたのは更に未来のみくるだった・・・おそらくシリーズ中でも重要な作品。ハルヒの過去が明らかになるとともに、ハルヒとキョンの関係も明らかに。今後(作中未来)の作品に向けての重要な伏線であり、同時に以前(これも作中未来)の作品の真相だったり。
●「ミステリックサイン」
 SOS団に初めての依頼者が現れた。捜してほしいのは、お隣コンピュータ研究部の部長だという・・・これはなかなか気持ちの悪い作品でした。カマドウマが・・・
●「孤島症候群」
 夏休み、SOS団は古泉の親戚が所有しているという孤島の別荘で合宿を行うことになった。事件を期待するハルヒだったが・・・ミステリ仕立ての中編。なかなか興味深い作品で、ミステリとして読むと残念な真相だったのですが、このシリーズとしてはきわめて真っ当で、当然の帰結かと。普段の態度と異なるハルヒも見もの。

 4編の中ではシリーズ中のキーポイントとなりうる「笹の葉ラプソディ」と、作者のミステリ好きが顕著に現れる「孤島症候群」は必読かと。『溜息』での古泉によるジャンル決めのセリフでも明らかでしたけどね。

収録作:「涼宮ハルヒの退屈」「笹の葉ラプソディ」「ミステリックサイン」「孤島症候群」
関連作:『涼宮ハルヒの憂鬱』『涼宮ハルヒの溜息
2007年4月17日読了
2007.04.18 Wednesday 16:29 | た行(谷川流) | comments(0) | trackbacks(2)

スポンサーサイト

2009.09.29 Tuesday 16:29 | - | - | -
コメント
コメントする











トラックバック
人気ブログ検索 ブログウェブ  at 2007.04.18 Wed 16:37
ブログランキングご参加〔相互リンク〕のお願い
人気ブログ検索 ブログウェブ  http://weblogoo.net/ はじめまして【人気ブログ検索 ブログウェブ】管理人のなんば と申します。 ぶしつけで申し訳ございませんがご参加いただけるブログ様を探しておりましたところ、 貴ブログを拝見させて頂き、ぜひ貴ブログに登
涼宮ハルヒの憂鬱 激奏ライブ動画ブログ  at 2007.04.22 Sun 07:17
涼宮ハルヒの憂鬱 激奏ライブ動画ブログ
涼宮ハルヒシリーズは、原作内でも時系列がばらばらに刊行されている。主だった作品タイトル順に並べると以下の
この記事のトラックバックURL
http://skipturnreset.jugem.jp/trackback/638