こんな夜だから書庫に行こう

はてなから感想の保管作業終了!!
現在、10年ほど前の一言感想をアップしています。
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Profile

Selected entries

Category

Archives

Links

BlogPeople

STARLIGHT mini

あわせて読みたい

あわせて読みたい

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

Comment

Trackback

Other


  • Admin
  • RSS1.0 | Atom0.3
  • Template by Dsh+
  • Powered by JUGEM
<< 太田忠司『新宿少年探偵団』 | top | 若竹七海『プレゼント』 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.09.29 Tuesday | - | - | -

森博嗣『すべてがFになる』

すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER
すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER森 博嗣

講談社 1998-12
売り上げランキング : 12027

おすすめ平均 star
star天才の考えるこたぁ、わからんね。
star私には合いませんでした。
star全部記憶されている思い出と、全部は思い出せない記憶

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

孤島のハイテク研究所で、少女時代から完全に隔離された生活を送る天才工学博士・真賀田四季。彼女の部屋からウエディング・ドレスをまとい両手両足を切断された死体が現れた。偶然、島を訪れていたN大助教授・犀川創平と女子学生・西之園萌絵が、この不可思議な密室殺人に挑む。新しい形の本格ミステリィ登場。

 「理系ミステリィ」と呼ばれる犀川&萌絵のシリーズ第1作にして、第1回メフィスト賞受賞作。時系列では4作目にあたるそうです。確かに作品世界は現実としては考えられないような幻想的なものであり、小道具もコンピュータなど理系的ではあるのですが、全体的な枠組としてはほかの作家の作品とそれほど変わらないでしょう。ただ、会話は少々理屈っぽいですが。ラストへのスピード感は圧倒的であり、VRでのクライマックスなど、これがデビュー作とは思えません。

関連作:『冷たい密室と博士たち
1998年12月18日読了
1998.12.18 Friday 00:00 | ま行(その他) | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

2009.09.29 Tuesday 00:00 | - | - | -
コメント
コメントする











トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://skipturnreset.jugem.jp/trackback/601