こんな夜だから書庫に行こう

はてなから感想の保管作業終了!!
現在、10年ほど前の一言感想をアップしています。
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Profile

Selected entries

Category

Archives

Links

BlogPeople

STARLIGHT mini

あわせて読みたい

あわせて読みたい

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

Comment

Trackback

Other


  • Admin
  • RSS1.0 | Atom0.3
  • Template by Dsh+
  • Powered by JUGEM
<< 若竹七海・加門七海・高野宣李『マレー半島すちゃらか紀行』 | top | 東野圭吾『パラレルワールド・ラブストーリー』 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.09.29 Tuesday | - | - | -

ロバート・ゴダード『惜別の賦』

惜別の賦
惜別の賦ロバート ゴダード Robert Goddard 越前 敏弥

東京創元社 1999-01
売り上げランキング : 252447

おすすめ平均 star
starゴダード作品のキーワードは「後悔」
star過去の真相

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

姪の結婚披露宴に、少年時代の親友が闖入してきた。落魄した友は、三十四年前の秋、殺人罪で絞首刑になった父親の無実を訴え、翌朝首を吊って自殺をする。罪悪感に突き動かされたわたしは、疎遠にしていた人々を訪ねる過去への旅に出たが…。錯綜する物語は、失われたものへの愛惜と激しい悔恨を湛え、万華鏡さながらに変転してゆく。余韻深い結末が待ち受ける、円熟の逸品。

 ゴダードの邦訳最新作。いつもどおり、唸らせてくれる物語です。複雑なストーリー展開とスケールの大きな謎、それがきれいに着地するだけでも十分満足させられます。物語の性質上、登場人物はどうしても多く、しかもその人間関係は複雑になるけれども、それをそうと感じさせない読み易さ、テクニックがあります。以前のものにも多いのですが、ゴダードの作品は時代を遡ることによって物語をより重厚なものとし、同時にスピード感を与えているのではないでしょうか。
1999年1月28日読了
1999.01.28 Thursday 00:00 | 海外作品(ゴダード) | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

2009.09.29 Tuesday 00:00 | - | - | -
コメント
コメントする











トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://skipturnreset.jugem.jp/trackback/587