こんな夜だから書庫に行こう

はてなから感想の保管作業終了!!
現在、10年ほど前の一言感想をアップしています。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Profile

Selected entries

Category

Archives

Links

BlogPeople

STARLIGHT mini

あわせて読みたい

あわせて読みたい

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

Comment

Trackback

Other


  • Admin
  • RSS1.0 | Atom0.3
  • Template by Dsh+
  • Powered by JUGEM
<< アンソロジー『夏休み。』 | top | 谷川流『涼宮ハルヒの憂鬱』 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.09.29 Tuesday | - | - | -

谷原秋桜子『砂の城の殺人』

砂の城の殺人 創元推理文庫
砂の城の殺人 創元推理文庫谷原 秋桜子 (ショウコ)

東京創元社 2007-03-10
売り上げランキング : 5991


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 行方不明になった父を探しにスペインへ渡るため、バイトに精を出す倉西美波。今回武熊さんから紹介されたバイトは廃墟撮影のアシスタント。ところが、向かった先は廃墟となったカメラマンの生家、待ち受けるのはカメラマンの異母兄。しかも、そこではミイラ化した死体が。おまけに豪雨で橋は流され廃墟は陸の孤島に・・・

 富士見ミステリー文庫から創元推理文庫へと華麗なる(?)移籍を果たした谷原さんのシリーズ3作目は書き下ろしの新作です。
 きっとこういう本格的な本格ミステリが書きたかったんだろうなあ、と思わされるような仕上がり。いろいろな要素を詰め込み、前2作よりも更に本格ミステリらしく、しかもちょっとだけ怪異方向へ傾きかけているようです。
 相変わらず伏線はきれいにしっかり引かれ、どんでん返しもこれでもかとばかりに繰り返されます。そういう意味では、丁寧に作りこまれたオーソドックスな本格ミステリと言えるでしょう。

 道具立てとしては、嵐で孤立した廃墟、移動するミイラ、密室殺人、10年前の失踪者、異母兄妹と怪しさ満点。これだけ揃っていると、富士見時代からのあまりミステリを読んでいないファンは、出した手をちょっと引っ込めかねない気さえします。
 でも、すらすらと読むことができ、あまりおどろおどろしさは感じません。これもすべて美波の類まれなキャラクターのおかげでしょうか。登場人物はよくある定形フォーマットに当てはめたかのようでいささか残念なのですが、このシリーズの流れを考えれば仕方のないことでしょう。むしろ、その登場人物たちを巧みに使いこなしていると言えます。シリーズキャラクターとして美波と直海、そしてネコのケンゾウが出ずっぱりなのですが、ちゃんと修矢とかのこもおいしいところを持っていきます。それぞれに見合ったところを。ちゃんと使いどころを心得ていると言うべきでしょうか。
 まあ、何にせよ創元推理文庫に移ったおかげでこのシリーズが読めるのですから万々歳です。次回作も期待。

関連作:『天使が開けた密室』『龍の館の秘密
2007年4月7日読了
2007.04.09 Monday 19:43 | た行(谷原秋桜子) | comments(0) | trackbacks(1)

スポンサーサイト

2009.09.29 Tuesday 19:43 | - | - | -
コメント
コメントする











トラックバック
人気ブログ検索 ブログウェブ  at 2007.04.09 Mon 20:00
ブログランキングご参加〔相互リンク〕のお願い
人気ブログ検索 ブログウェブ  http://weblogoo.net/ はじめまして【人気ブログ検索 ブログウェブ】管理人のなんば と申します。 ぶしつけで申し訳ございませんがご参加いただけるブログ様を探しておりましたところ、 貴ブログを拝見させて頂き、ぜひ貴ブログに登
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。