こんな夜だから書庫に行こう

はてなから感想の保管作業終了!!
現在、10年ほど前の一言感想をアップしています。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Profile

Selected entries

Category

Archives

Links

BlogPeople

STARLIGHT mini

あわせて読みたい

あわせて読みたい

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

Comment

Trackback

Other


  • Admin
  • RSS1.0 | Atom0.3
  • Template by Dsh+
  • Powered by JUGEM
<< 有栖川有栖『双頭の悪魔』 | top | 柴田よしき『少女達がいた街』 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.09.29 Tuesday | - | - | -

ロバート・ゴダード『日輪の果て』

日輪の果て〈上〉日輪の果て〈下〉
日輪の果て〈上〉ロバート ゴダード Robert Goddard 成川 裕子

文藝春秋 1999-04
売り上げランキング : 566071

おすすめ平均 star
starやや退屈な上巻

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
日輪の果て〈下〉ロバート ゴダード Robert Goddard 成川 裕子

文藝春秋 1999-04
売り上げランキング : 568377


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

『蒼穹のかなたへ』のあのダメ男ハリーが帰ってきた!相変らわずその日暮らしのハリーのもとに、ある日一本の電話が。「あなたの息子さんは今、病院にいる」。ふってわいた息子の話にハリーは愕然、さっそく持ち前の粘り強さで調査に乗り出すうち、抜き差しならない事情が判明してくる。ふたたびダメ男の返上なるのか、ハリー。

 ゴダード作品としては珍しい現代物。そのせいか、いつもの重厚なストーリーが随分シンプルに感じられます。主人公も珍しく2度目の起用のハリー。シンプルだからといっておもしろくないわけではなく、むしろ複雑すぎないのでわかりやすくいおもしろいというのが、ゴダードの実力でしょうね。
1999年5月13日読了
1999.05.13 Thursday 00:00 | 海外作品(ゴダード) | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

2009.09.29 Tuesday 00:00 | - | - | -
コメント
コメントする











トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://skipturnreset.jugem.jp/trackback/573