こんな夜だから書庫に行こう

はてなから感想の保管作業終了!!
現在、10年ほど前の一言感想をアップしています。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Profile

Selected entries

Category

Archives

Links

BlogPeople

STARLIGHT mini

あわせて読みたい

あわせて読みたい

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

Comment

Trackback

Other


  • Admin
  • RSS1.0 | Atom0.3
  • Template by Dsh+
  • Powered by JUGEM
<< 真保裕一『奪取』 | top | 北村薫『六の宮の姫君』 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.09.29 Tuesday | - | - | -

宮部みゆき『長い長い殺人』

長い長い殺人
長い長い殺人宮部 みゆき

光文社 1997-05
売り上げランキング : 492435

おすすめ平均 star
star奇妙な財布劇場
star後半の展開に惹きつけられた
star飽きてしまっているのかも

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

金は天下のまわりもの。財布の中で現金は、きれいな金も汚ない金も、みな同じ顔をして収まっている。しかし、財布の気持ちになれば、話は別だ。持ち主の懐ろに入っている財布は、持ち主のすることなすことすべて知っているし、その中身の素性もお見通しである。刑事の財布、強請屋の財布、少年の財布、探偵の財布、目撃者の財布、死者の財布、証人の財布、犯人の財布等等―十個の財布が物語る持ち主の行動、現金の動きが、意表をついた重大事件をあぶりだす。

 10の短編から1つの長編を構成するという手段。東京創元社の作品で多く用いられているのですが、本作はちょっと異なっています。短篇集の最後にとってつけたようにまとめの謎を提示するのではなく、序盤で謎を提示し、長編として物語を引っ張り続けるのです。それだけに物語の流れはスムーズ。財布を主人公として設定し、その視点でストーリーを運ぶという発想もおもしろいですね。
1999年6月22日読了
1999.06.22 Tuesday 00:00 | ま行(宮部みゆき) | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

2009.09.29 Tuesday 00:00 | - | - | -
コメント
コメントする











トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://skipturnreset.jugem.jp/trackback/566