こんな夜だから書庫に行こう

はてなから感想の保管作業終了!!
現在、10年ほど前の一言感想をアップしています。
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Profile

Selected entries

Category

Archives

Links

BlogPeople

STARLIGHT mini

あわせて読みたい

あわせて読みたい

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

Comment

Trackback

Other


  • Admin
  • RSS1.0 | Atom0.3
  • Template by Dsh+
  • Powered by JUGEM
<< 貫井徳郎『ミハスの落日』 | top | 蒼井上鷹『九杯目には早すぎる』 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.09.29 Tuesday | - | - | -

辻村深月『スロウハイツの神様』

スロウハイツの神様(上)スロウハイツの神様(下)
スロウハイツの神様(上)辻村 深月

講談社 2007-01-12
売り上げランキング : 30309

おすすめ平均 star
star好きです
star魅力ある個性とは
star迷っているのなら

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
スロウハイツの神様(下)辻村 深月

講談社 2007-01-12
売り上げランキング : 30593

おすすめ平均 star
star仕掛けは大げさだけど……
star恐るべし才能
starラストはおみごとも…

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 赤羽環がオーナーのアパート「スロウハイツ」。かつて旅館だったというこのアパートでは、脚本家の環がクリエイターの卵である友人たちを集め、共同生活を送っていた。中でも環が一目置くチヨダ・コーキは、10年前に起きた彼の小説を模倣した猟奇的な大量殺人事件によるショックから立ち直り、再びの人気作家として活躍していた。しかし、穏やかな共同生活を揺るがす事態がやってくる。コーキのファンを自称するロリータファッションの美少女がやってきたのだ。

 正直、いい本を読んだと思います。
 辻村版「トキワ荘」とも言うべき「スロウハイツ」。住人それぞれの物語が時間軸もまちまちに描かれ、読んでいる最中には取り留めもないような印象を覚えることもあります。
 しかし、それらのすべては最終章のために書かれたのです。「二十代の千代田光輝は死にたかった」というこのひとつの章に寄与するためだけに存在しているのです。
 とにかく伏線の回収力が抜群なのです。本来こういうミステリ的な読み方をすべき作品ではないかもしれないけれど、様々なエピソードが回収される様子がとても心地よく、そしてうれしいのです。作品の構造としては複雑ではなくむしろシンプルなので、よりわかりやすく、しかも加速を続けながら読むことができます。ページを繰る手が止まらないというのはこういうことなんでしょう。
 内容は全く異なるのですが、若竹さんの『ぼくのミステリな日常』を思い出しました。あの連作短編集の最後でそれまでのすべての短編が貫かれるような感覚が甦ります。この『スロウハイツの神様』も、各章が短編とまではいかないまでも各登場人物ごとの物語という趣きで、最後に真実が明かされ表と裏が符合するのです。読んでいていよいよミステリから離れるのかとも思いましたが、僕にとってはこれは間違いなく広義のミステリです。

 また、伏線の回収云々だけでなくキーワードの使い方もなかなか巧いですね。エピソードに出てきた言葉の1つに過ぎないものが多くの伏線に意味を持たせ、エピローグでは最後を閉める切り札として効いてくるのです。最終章で驚きと感動を与え、その上さらにエピローグでしっかりと物語にけりをつける。やってくれます。

 ちなみに『ぼくのメジャースプーン』と同様に、この作品も旧作とリンク。『凍りのくじら』のあの人が登場します。こういうの、ちょっとうれしいですね。
2007年3月18日読了
2007.03.20 Tuesday 20:21 | た行(辻村深月) | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

2009.09.29 Tuesday 20:21 | - | - | -
コメント
コメントする











トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://skipturnreset.jugem.jp/trackback/555