こんな夜だから書庫に行こう

はてなから感想の保管作業終了!!
現在、10年ほど前の一言感想をアップしています。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Profile

Selected entries

Category

Archives

Links

BlogPeople

STARLIGHT mini

あわせて読みたい

あわせて読みたい

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

Comment

Trackback

Other


  • Admin
  • RSS1.0 | Atom0.3
  • Template by Dsh+
  • Powered by JUGEM
<< 樋口有介『海泡』 | top | 若竹七海『ぼくのミステリな日常』 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.09.29 Tuesday | - | - | -

宮部みゆき『蒲生邸事件』

蒲生邸事件
蒲生邸事件宮部 みゆき

文藝春秋 2000-10
売り上げランキング : 36611

おすすめ平均 star
star単なるミステリーでは無い
star未来を知ったとき、人は・・・
starファンタスティック

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 二・二六事件直前にタイムスリップしてしまった受験生の孝史。素性を隠し、蒲生邸に住み込むのですが、二・二六事件の勃発、蒲生大将の自決と孝史はいやおうなしに歴史の波にまきこまれていきます。戒厳令下の帝都東京、一癖も二癖もある屋敷の人々はそれぞれに蒲生大将の死の真相に迫っていくのですが。

 ミステリとしては邪道だという人がいるかもしれません。でも、設定の活かし方は「さすがミヤベ」。物語にどんどん引き込まれてしまいます。何も知らない戦前で人間的に成長していく孝史、思い思いに行動する蒲生邸の人々、そして切ないラスト・・・SF的なミステリが好きな方、戦前・戦中に興味のある方、読んで損はしないと思います。ぜひご一読を。
2003年9月14日読了
2004.07.22 Thursday 00:00 | ま行(宮部みゆき) | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

2009.09.29 Tuesday 00:00 | - | - | -
コメント
コメントする











トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://skipturnreset.jugem.jp/trackback/547