こんな夜だから書庫に行こう

はてなから感想の保管作業終了!!
現在、10年ほど前の一言感想をアップしています。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Profile

Selected entries

Category

Archives

Links

BlogPeople

STARLIGHT mini

あわせて読みたい

あわせて読みたい

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

Comment

Trackback

Other


  • Admin
  • RSS1.0 | Atom0.3
  • Template by Dsh+
  • Powered by JUGEM
<< 宮部みゆき『蒲生邸事件』 | top | 倉知淳『星降り山荘の殺人』 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.09.29 Tuesday | - | - | -

若竹七海『ぼくのミステリな日常』

ぼくのミステリな日常
ぼくのミステリな日常若竹 七海

東京創元社 1996-12
売り上げランキング : 190502

おすすめ平均 star
starまとまりのない話をまとめていく
starただの連作短編じゃないぞ
star素敵ミステリ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 もう10年以上前の、若竹さんののデビュー作です。

 若竹七海が編集長を務める社内報に、毎月短編小説を載せることになり、大学時代の先輩に紹介してもらった匿名作家に書いてもらうことになる。送られてくる12の短編小説。1年経って12作すべてを読み終えると・・・

 たいへん凝った形式の連作短編集で、一時期この形式が流行った? というふうにも聞いています。12の短編小説はバラエティに富んでいて楽しめるし、何と言ってもその後のお楽しみがあります。(これ以上はネタばれになりそうですが)

 デビュー作ということで、当然のことですが粗もあります。でもこの小説世界の雰囲気が気に入っています。若竹七海の作家としての原点は、やはりここにあるのではないでしょうか。
1997年9月13日読了
2004.07.23 Friday 00:00 | ら・わ行(若竹七海) | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

2009.09.29 Tuesday 00:00 | - | - | -
コメント
コメントする











トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://skipturnreset.jugem.jp/trackback/546