こんな夜だから書庫に行こう

はてなから感想の保管作業終了!!
現在、10年ほど前の一言感想をアップしています。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Profile

Selected entries

Category

Archives

Links

BlogPeople

STARLIGHT mini

あわせて読みたい

あわせて読みたい

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

Comment

Trackback

Other


  • Admin
  • RSS1.0 | Atom0.3
  • Template by Dsh+
  • Powered by JUGEM
<< 若竹七海ほか『競作 五十円玉二十枚の謎』 | top | 西澤保彦『幻惑密室』 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.09.29 Tuesday | - | - | -

アンソロジー『大密室』

大密室
大密室有栖川 有栖 北森 鴻 西澤 保彦

新潮社 2002-01
売り上げランキング : 127311

おすすめ平均 star
star難しい密室もの
star読むのは簡単だけど「密室」を作るのって大変だ。
starお得!です

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 本格ミステリには切っても切り離せない要素である密室トリックに有栖川有栖、法月綸太郎、山口雅也など7名が挑みます(文庫版では西澤保彦を加えて8名)。お得です。作家1人1人にそれぞれの密室観があり、作品の後に添えられたエッセイでそれを確認することもできます。

 いちばんのお気に入りは有栖川有栖の「壺中庵殺人事件」。こういういかにもミステリチックな舞台設定、大好きです。登場するのが火村英生というのもシリーズものの安定感があります。でも、違った意味で気になるのは北森鴻のエッセイ中に登場する「重力の密室」。たまにはこういうのも・・・

収録作:有栖川有栖「壺中庵殺人事件」、恩田陸「ある映画の記憶」、北森鴻「不帰屋」、倉知淳「揃いすぎ」、西澤保彦「怪獣は密室に踊る」、貫井徳郎「ミハスの落日」、法月綸太郎「使用中」、山口雅也「人形の館の館」
2002年7月8日読了
2004.07.31 Saturday 00:00 | その他(その他) | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

2009.09.29 Tuesday 00:00 | - | - | -
コメント
コメントする











トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。