こんな夜だから書庫に行こう

はてなから感想の保管作業終了!!
現在、10年ほど前の一言感想をアップしています。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Profile

Selected entries

Category

Archives

Links

BlogPeople

STARLIGHT mini

あわせて読みたい

あわせて読みたい

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

Comment

Trackback

Other


  • Admin
  • RSS1.0 | Atom0.3
  • Template by Dsh+
  • Powered by JUGEM
<< 加納朋子『虹の家のアリス』 | top | 米澤穂信『春期限定いちごタルト事件』 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.09.29 Tuesday | - | - | -

アンソロジー『血文字パズル』

血文字パズル―ミステリ・アンソロジー〈5〉
血文字パズル―ミステリ・アンソロジー〈5〉有栖川 有栖 麻耶 雄嵩 太田 忠司

角川書店 2003-02
売り上げランキング : 267799

おすすめ平均 star
starテーマと?

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 タイトルに「血文字」とあるように、ダイイングメッセージをからめたミステリの短編アンソロジーです。

 以下、各編について。
●有栖川有栖 「砕けた叫び」
 探偵事務所の所長が殺害された。残されたのはムンクの『叫び』に描かれている「叫ぶ人」の人形だった。おなじみの火村とアリスのコンビがダイイングメッセージに立ち向かう。おもしろいが、これほどまで考えてメッセージを残すものか疑問に思われる。
●太田忠司 「八神翁の遺産」
 都市を作った偉人の孫が殺害された。瀞井警部と蜷沢は名探偵デュパン鮎子に相談するが・・・ダイイングメッセージよりも鮎子の能力の印象が強い作品。
●麻耶雄嵩 「氷山の一角」
 メルカトル鮎と美袋三条が入れ替わって、芸能マネージャー殺しの謎を解く。きわめて意識的なダイイングメッセージへのアンチテーゼ。
●若竹七海 「みたびのサマータイム」
 17歳の誕生日に渚は思い出の崖の上に10年ぶりに行く。そこで出会った剣野の姉は崖の上の廃墟で服毒死したという。意外な真実を決定づけるダイイングメッセージがピリッと効いている。

 全体として感じることは、ダイイングメッセージの限界です。ダイイングメッセージはその意味を解釈して犯人を推理するのですが、本当に被害者が書いたものなのか、それとも犯人あるいは第三者が加工したものなのか、死の間際に被害者が正確なメッセージを残せたのか、そしてそもそもそれがダイイングメッセージなのかという不安定な要素を含んでいます。すなわち、ダイイングメッセージに自由度の幅が広く、それゆえに結論(犯人)を導き出す絶対的な根拠になり得ないのではないかと。それをもっとも意識的に扱ったのが「氷山の一角」でしょう。「みたびのサマータイム」の青春風味もよかったです。

収録作:有栖川有栖「砕けた叫び」、太田忠司「八神翁の遺産」、麻耶雄嵩「氷山の一角」、若竹七海「みたびのサマータイム」
関連作:『名探偵は、ここにいる』『殺人鬼の放課後
2005年1月12日読了
2005.01.12 Wednesday 00:00 | その他(その他) | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

2009.09.29 Tuesday 00:00 | - | - | -
コメント
コメントする











トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。