こんな夜だから書庫に行こう

はてなから感想の保管作業終了!!
現在、10年ほど前の一言感想をアップしています。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Profile

Selected entries

Category

Archives

Links

BlogPeople

STARLIGHT mini

あわせて読みたい

あわせて読みたい

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

Comment

Trackback

Other


  • Admin
  • RSS1.0 | Atom0.3
  • Template by Dsh+
  • Powered by JUGEM
<< 若竹七海『死んでも治らない』 | top | 近藤史恵『二人道成寺』 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.09.29 Tuesday | - | - | -

恩田陸『三月は深き紅の淵を』

三月は深き紅の淵を
三月は深き紅の淵を恩田 陸

講談社 2001-07
売り上げランキング : 16015

おすすめ平均 star
star娯楽作品として、いかがでしょうか?
star作家ノート
star読み手の姿勢が問われる…

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 幻の本『三月は深き紅の淵を』をめぐる物語。「黒と茶の幻想」「冬の湖」「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」「鳩笛」の四部構成のこの本は、たった一人にたった一晩だけ貸すことが許された自費出版であり、わずかな期間の後、回収されてしまった・・・

 全編を通して幻想的な雰囲気が漂う物語です。「待っている人々」「出雲夜想曲」「虹と雲と鳥と」の3つの章は、その雰囲気とミステリアスな謎がちょうどよい感じで、おもしろかったのです。ただ、最後に待っていた「回転木馬」だけは、読みが浅かったのか煙に巻かれてしまったようで、なにやらよくわからないうちに終わってしまった感じです。いずれ機会を見つけて再読したい作品。そうしないと『麦の海に沈む果実』『黒と茶の幻想』といったほかの作品へもいけない気がするので。

関連作:『麦の海に沈む果実』『黄昏の百合の骨』『図書室の海』『殺人鬼の放課後
2005年2月19日読了
2005.02.19 Saturday 00:00 | あ行(恩田陸) | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

2009.09.29 Tuesday 00:00 | - | - | -
コメント
コメントする











トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://skipturnreset.jugem.jp/trackback/506