こんな夜だから書庫に行こう

はてなから感想の保管作業終了!!
現在、10年ほど前の一言感想をアップしています。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Profile

Selected entries

Category

Archives

Links

BlogPeople

STARLIGHT mini

あわせて読みたい

あわせて読みたい

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

Comment

Trackback

Other


  • Admin
  • RSS1.0 | Atom0.3
  • Template by Dsh+
  • Powered by JUGEM
<< 恩田陸『三月は深き紅の淵を』 | top | 北森鴻『桜宵』 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.09.29 Tuesday | - | - | -

近藤史恵『二人道成寺』

二人道成寺
二人道成寺近藤 史恵

文藝春秋 2004-03-24
売り上げランキング : 344417

おすすめ平均 star
star歌舞伎界でのある事件。でも読みやすいですよ。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 探偵今泉文吾が登場する歌舞伎ミステリの第4作。
 3ヶ月前の火事が元で、岩井芙蓉の妻・美咲は意識不明に陥り、以後眠り続けている。名門出身の女形である芙蓉とはライバル関係にあり、梨園では不仲と噂される中村国蔵は、何故かこの火事を不審に思い、瀬川小菊の紹介を得て今泉に調査を依頼した・・・

 今泉とは別の視点から真相に迫ろうとする小菊の語りと、1年前から現在まで順にたどる芙蓉の番頭であり美咲の友人である玉置実の語りが交互に登場する形で物語は進んでいきます。その構成は本格ミステリそのものかも知れませんが、物語の主題はミステリ的部分よりもラブストーリーに傾いている気がします。今泉の出番も少なめです(もちろん、実の語りでは登場しませんし)。ラストで読者を驚かせるようなインパクトが、イマイチ欠けていた気がします。

 筋書きはシンプル。しかし「二人道成寺」「摂州合邦辻」などの演目が物語を盛り上げ、そして真相が明らかになったときにより切なくしてくれます。あとがきにあるように、歌舞伎と本格ミステリはどちらもお約束が決められています。そのお約束=様式の美しさをうまく併せ持たせた作品ではないでしょうか。
 歌舞伎に詳しい人も、そして詳しくない人も楽しむことができる恋愛ミステリの佳作です。

関連作:『桜姫
2005年2月25日読了
2005.02.25 Friday 00:00 | か行(近藤史恵) | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

2009.09.29 Tuesday 00:00 | - | - | -
コメント
コメントする











トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。