こんな夜だから書庫に行こう

はてなから感想の保管作業終了!!
現在、10年ほど前の一言感想をアップしています。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Profile

Selected entries

Category

Archives

Links

BlogPeople

STARLIGHT mini

あわせて読みたい

あわせて読みたい

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

Comment

Trackback

Other


  • Admin
  • RSS1.0 | Atom0.3
  • Template by Dsh+
  • Powered by JUGEM
<< 橋本 紡『毛布おばけと金曜日の階段』 | top | 竹宮ゆゆこ『わたしたちの田村くん』 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.09.29 Tuesday | - | - | -

恩田 陸『光の帝国 常野物語』

光の帝国―常野物語
光の帝国―常野物語恩田 陸

集英社 2000-09
売り上げランキング : 82954

おすすめ平均 star
starファンタジーというか幻想というか輪廻転生
star静かで穏やかで哀しい
star常野に里帰り

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 様々な超能力をそれぞれ1つずつ持っている常野の一族。穏やかな性格の人々だが、その能力ゆえに悩み、苦しみ、そして時の権力者に狙われたりする。時間と場所を越えた短編集。

 もったいない。そして贅沢。
 恩田さん自身あとがきで「手持ちのカードを使いまくる総力戦」と書いていますが、まさにそんな感じ。書こうと思えばここで使ったカードでいくつかの長編が書けただろうに。ただ、それだけに中身がぎゅっと詰まった短編集です。一見ばらばらに見える短編集なのですが、登場人物とかが微妙にシンクロしていたりします。
 「超能力」という言葉に「エスパー」というイメージ(なんとなく「銀色の全身タイツ」みたいな)で反応してしまったのですが、ぜんぜんそんなことはありませんでした。作品それぞれが懐かしさや怖さ、切なさ、都会的なイメージなど様々なものを与えてくれます。短編に留めたためか余韻が残り、「このあとどうなるの?」と続きを期待したくなります。そういう意味では秀逸な予告編の集合体のようでもあります。以前『三月は深き紅の淵を』を読んだときの印象は払拭です。
 今、はっきり後悔しています。あのとき『蒲公英草紙』のサイン本を買わなかったことを。

収録作:「大きな引き出し」「二つの茶碗」「達磨山への道」「オセロ・ゲーム」「手紙」「光の帝国」「歴史の時間」「草取り」「黒い塔」「国道を降りて・・・」
関連作:『蒲公英草紙』『エンド・ゲーム
2005年8月24日読了
2005.08.25 Thursday 00:00 | あ行(恩田陸) | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

2009.09.29 Tuesday 00:00 | - | - | -
コメント
コメントする











トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://skipturnreset.jugem.jp/trackback/473