こんな夜だから書庫に行こう

はてなから感想の保管作業終了!!
現在、10年ほど前の一言感想をアップしています。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Profile

Selected entries

Category

Archives

Links

BlogPeople

STARLIGHT mini

あわせて読みたい

あわせて読みたい

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

Comment

Trackback

Other


  • Admin
  • RSS1.0 | Atom0.3
  • Template by Dsh+
  • Powered by JUGEM
<< ほしおさなえ『天の前庭』 | top | 桜庭一樹『少女には向かない職業』 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.09.29 Tuesday | - | - | -

友桐 夏『白い花の舞い散る時間』

白い花の舞い散る時間
白い花の舞い散る時間友桐 夏 水上 カオリ

集英社 2005-09-01
売り上げランキング : 64958

おすすめ平均 star
starもっとこの作者の作品が読みたい!!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 同じ塾に通う顔も名前も知らないチャット仲間、アイリス、シャドウ、ララ、ミスティー、そしてミズキの5人。彼女たちはアイリスの提案で5日間のオフ会を開くことになった。しかし、会場である人里離れた洋館に現れたのは4人だけ。しかも、匿名性を保つためHNとは別の偽名を名乗っているため、誰が来ていて誰が来ていないのかわからなかった。

 これは難しい作品ですね。紹介が。どこまで書いていいものやら。
 少なくとも「すごい作品を読んだ」と僕は思っています。
 ちょっと「ネタバレ」と思う方もいるかもしれないので、この続きを読む方は覚悟してください。先入観を持たないで読まれるほうがいい作品だと思いますので。

関連作:『盤上の四重奏
2005年10月26日読了

 最初に思ったのは、「なぜこの人はここからデビューしたのだろう」ということ。
 素人判断ですが、もっとメジャーなレーベルでもいい内容だと思うし、それだけの力もある作家さんだとも思うのです。基本的に「リリカル」かどうかはともかく、十分に「ミステリ」の範疇に入る作品ですし。東京創元社の「ミステリ・フロンティア」なんてちょうどいいのではないでしょうか。

 作品としては、前半の内容から誰がどのHNなのか、そして館に来なかったのは誰かを推理するような展開になることを想像していたのですが・・・これが後半になって、とんでもない方向へ話が進んでしまいました。ここらへんが評価の分かれ目でしょう。
 ですが、僕としてはこれは「アリ」。
 理屈ではなく、感覚として。
 驚きましたけど、この舞台を一変させてしまうような力技は見事です。
 全てを知った上でもう1度最初から読み返すと、この作品がこの世界を構築するために、どれだけ綿密に作られているかわかりそうな気がします。

 現実的な謎を解き明かしたところに現れた非現実。
 崩壊した後の黒い世界。

 評価が分かれるでしょうが、僕は次回作にも期待します。
2005.10.26 Wednesday 00:00 | た行(友桐夏) | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

2009.09.29 Tuesday 00:00 | - | - | -
コメント
コメントする











トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。