こんな夜だから書庫に行こう

はてなから感想の保管作業終了!!
現在、10年ほど前の一言感想をアップしています。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Profile

Selected entries

Category

Archives

Links

BlogPeople

STARLIGHT mini

あわせて読みたい

あわせて読みたい

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

Comment

Trackback

Other


  • Admin
  • RSS1.0 | Atom0.3
  • Template by Dsh+
  • Powered by JUGEM
<< 桜庭一樹『GOSICKs ゴシックエス・春来たる死神』 | top | 辻村深月『凍りのくじら』 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.09.29 Tuesday | - | - | -

アンソロジー『殺人鬼の放課後』

殺人鬼の放課後―ミステリ・アンソロジー〈2〉
殺人鬼の放課後―ミステリ・アンソロジー〈2〉恩田 陸 新津 きよみ 小林 泰三

角川書店 2002-01
売り上げランキング : 197986

おすすめ平均 star
star恩田陸は…
starミステリ・アンソロジー気茲蠑し、まし
star乙一と、かろうじて恩田陸のおかげで読める本

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 『名探偵は、ここにいる』に続く《ミステリ・アンソロジー》の第2弾。収録作の内容からすると、『殺人鬼の放課後』という書名はともかく、《ミステリ・アンソロジー》というのはちょっと相応しくないような気がします。

● 恩田陸 「水晶の夜、翡翠の朝」
 『麦の海に沈む果実』のあの学園が舞台。学園では「笑いカワセミ」という遊びが流行っていた。悪意のこもった遊びは徐々にエスカレートして・・・やっぱりヨハンはこうでないと。こういうものを書かせると恩田さんは抜群ですね。
● 小林泰三 「攫われて」
 「わたしたち、誘拐されたの」と恵美は語りだした。小学校の帰りに、寄り道をしていて幸子、馨とともに誘拐された恵美は・・・真相とか結末とかの驚きよりも、この描写は生理的にちょっと受け付けがたいものがありました。
● 新津きよみ 「還って来た少女」
 七穂は、自分によく似た少女を見たという話を聞き、その少女に会うためにその場所に行って見たが・・・「殺人鬼」よりも「放課後」。読みやすい作品で後味もよかったのですが、その分物足りなさが残りました。
● 乙一 「SEVEN ROOMS」
 姉とともにさらわれた僕は、コンクリートで囲まれた部屋に閉じ込められた。部屋の真ん中ある溝に入ると、上流と下流にそれぞれ3つずつ部屋があり・・・なんとも奇妙で恐ろしく、そして切ない傑作。一読の価値あり。

 頭ひとつ抜けているのが「SEVEN ROOMS」。続いて「水晶の夜、翡翠の朝」でしょうか。『麦の海に沈む果実』を読んだあとのほうが楽しめますね。個人的には「攫われて」の分だけ減点ですね。ホラー系は苦手なんです。ごめんなさい。

関連作:『名探偵は、ここにいる』『血文字パズル
2006年5月31日読了
2006.05.31 Wednesday 00:00 | その他(その他) | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

2009.09.29 Tuesday 00:00 | - | - | -
コメント
コメントする











トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://skipturnreset.jugem.jp/trackback/445