こんな夜だから書庫に行こう

はてなから感想の保管作業終了!!
現在、10年ほど前の一言感想をアップしています。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Profile

Selected entries

Category

Archives

Links

BlogPeople

STARLIGHT mini

あわせて読みたい

あわせて読みたい

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

Comment

Trackback

Other


  • Admin
  • RSS1.0 | Atom0.3
  • Template by Dsh+
  • Powered by JUGEM
<< 近藤史恵『モップの精は深夜に現れる』 | top | 恩田陸『ねじの回転』 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.09.29 Tuesday | - | - | -

恩田陸『蒲公英草紙 常野物語』

蒲公英草紙―常野物語
蒲公英草紙―常野物語恩田 陸

集英社 2005-06
売り上げランキング : 100202

おすすめ平均 star
starほっこり。
star期待しすぎなければ・・・
starたんぽぽ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 日露戦争の頃、東北地方のある集落の名家・槇村家でのこと。医者の娘中島峰子は病弱な槇村家の末娘・聡子の遊び相手としてお屋敷に通うことになった。聡子は病弱で屋敷の外に出るのもままならず、「成人まで生きられない」と言われるほどだが、きわめて聡明で、槇村に相応しい凛々しさを持った少女である。お屋敷には画家の椎名、仏像彫りの永慶、発明家の池端などが寄宿していたが、そこに旅を続けていた春田家の4人がやってきた。彼らは、不思議な能力を持った「常野」と呼ばれる一族であった。

 『光の帝国 常野物語』に連なる常野物語の系列。とは言うものの、例の春田家の人々はあくまで物語の味付け程度といったところでしょうか。存在感は大きいのですが。
 さて、峰子の語りで進行するこの物語、全編になにやら暗い雲のような雰囲気が漂っていたのですが、その中に差し込む一筋の光こそが聡子でしょうか。彼女はいきいきと動き、それだけに、中盤まで穏やかに進んだ平和な物語が終盤に至って暗転する様は、まさに悲劇であり、そして切なさと感動を呼び起こしてくれます。
 前半に語られる様々な事柄から、おそらくはどんな形であれ悲劇が展開されることは容易く想像されるのですが、その想像の中でももっとも効果的な展開が採用されている気がします。悲劇を迎える直前までのすべてが、悲劇に寄与するために存在しているかのような印象です。
 おそらく、よく似た展開を持つ物語もいくつかは存在するでしょう。けれども、作者の力でより高みへと押し上げられている物語です。

 残念なことに、『光の帝国 常野物語』の続編ととらえて読んだ方には期待はずれだったのでは? 常野の一族がその能力を発揮して活躍する場面はわずかですから。

関連作:『光の帝国 常野物語』『エンドゲーム 常野物語
2006年2月7日読了
2006.02.09 Thursday 00:00 | あ行(恩田陸) | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

2009.09.29 Tuesday 00:00 | - | - | -
コメント
コメントする











トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。