こんな夜だから書庫に行こう

はてなから感想の保管作業終了!!
現在、10年ほど前の一言感想をアップしています。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Profile

Selected entries

Category

Archives

Links

BlogPeople

STARLIGHT mini

あわせて読みたい

あわせて読みたい

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

Comment

Trackback

Other


  • Admin
  • RSS1.0 | Atom0.3
  • Template by Dsh+
  • Powered by JUGEM
<< 麻耶雄嵩『神様ゲーム』 | top | 橋本紡『半分の月がのぼる空(6) life goes on』 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.09.29 Tuesday | - | - | -

恩田陸『エンド・ゲーム 常野物語』

エンド・ゲーム―常野物語
エンド・ゲーム―常野物語恩田 陸

集英社 2005-12
売り上げランキング : 110572

おすすめ平均 star
star光陰。
star雨の日に読みたい、、、
star先入観なしなら面白い・・・?

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 大学のゼミ旅行から戻った時子のもとにかかってきた電話。それは、母暎子が慰安旅行先で倒れたという知らせだった。ホスピスでひたすら眠り続ける暎子だが、脳をはじめ身体には全く異常がない。冷蔵庫に貼ってあった電話番号のメモがなくなっていたことに気づいていた時子は、暎子が「あれ」に「裏返された」と悟った・・・

 正直、期待はずれ。
 『光の帝国 常野物語』に所収されていた作品の中では最も緊迫感が漂い、やや異質だった「オセロ・ゲーム」。その拝島一家の長編ということで、「裏返す」「裏返される」の「あれ」とのたたかいを想像していたのですが・・・
 途中までは時子にとって誰が味方で、誰が敵なのかよくわからない状態。かなり緊迫していて興味深かったのですが、後半になって読者の予想と期待を欺きだすとともに、何だかだんだんとおもしろさが失われていってしまいました。理屈が理解できてもおもしろくない、興味が持てないのです。
 1シーン1シーンは確かにおもしろいのです、特に中盤まで。ところが、それが物語として連続していかないのです。せめて結末がもう少しおもしろければよかったのに。僕の期待まで「裏返された」ような気分です。

関連作:『光の帝国 常野物語』『蒲公英草紙 常野物語
2006年3月3日読了
2006.03.07 Tuesday 00:00 | あ行(恩田陸) | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

2009.09.29 Tuesday 00:00 | - | - | -
コメント
コメントする











トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。