こんな夜だから書庫に行こう

はてなから感想の保管作業終了!!
現在、10年ほど前の一言感想をアップしています。
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Profile

Selected entries

Category

Archives

Links

BlogPeople

STARLIGHT mini

あわせて読みたい

あわせて読みたい

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

Comment

Trackback

Other


  • Admin
  • RSS1.0 | Atom0.3
  • Template by Dsh+
  • Powered by JUGEM
<< 大崎梢『配達あかずきん』 | top | 恩田陸『夜のピクニック』 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.09.29 Tuesday | - | - | -

辻村深月『ぼくのメジャースプーン』

ぼくのメジャースプーン
ぼくのメジャースプーン辻村 深月

講談社 2006-04-07
売り上げランキング : 55529

おすすめ平均 star
star一人称だから描ける細かな心理描写
star心と罪の重さを量るメジャースプーン
starおもしろい!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 不思議な力を持っている「ぼく」は小学4年生。幼なじみのふみちゃんと仲がいいことが自慢だったけれど、3ヶ月前、大好きだったうさぎが惨殺されてからふみちゃんはショックのあまり自分の殻に閉じこもってしまった。だから「ぼく」はなんとかしたい、この力を使って・・・

 復讐、罪と罰、生命、『ぼくのメジャースプーン』はそういうものに焦点を当てた作品です。でも、説教臭さのようなものはありません。
 おそらくは答えが出ないであろう問題に対して、真っ向からぶつかっていく「ぼく」。絶対に正しいという答えは無いと思うけれど、絶対に間違っている答えはあるだろうし、何よりも考えるという行為は正しいことでしょう。それをこれだけの物語にしてしまった辻村さんの力量に感服。格段にうまくなった気がします。「ぼく」が一人で思い悩むような話じゃないのがいいのかもしれません。

 「ぼく」との対比というわけではないでしょうが、秋先生の大人のかっこよさもすばらしい。あの疑問というか謎も明らかになります。こういった形で少しずつでも作品をリンクさせているのは結構好きだったりします。秋先生がレギュラー化する形でも、他の登場人物でもいいので、次もリンクさせてほしいなぁ。
2006年6月9日読了
2006.06.12 Monday 00:00 | た行(辻村深月) | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

2009.09.29 Tuesday 00:00 | - | - | -
コメント
コメントする











トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://skipturnreset.jugem.jp/trackback/401