こんな夜だから書庫に行こう

はてなから感想の保管作業終了!!
現在、10年ほど前の一言感想をアップしています。
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Profile

Selected entries

Category

Archives

Links

BlogPeople

STARLIGHT mini

あわせて読みたい

あわせて読みたい

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

Comment

Trackback

Other


  • Admin
  • RSS1.0 | Atom0.3
  • Template by Dsh+
  • Powered by JUGEM
<< 東野圭吾『ゲームの名は誘拐』 | top | 雫井脩介『クローズド・ノート』 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.09.29 Tuesday | - | - | -

若竹七海『猫島ハウスの騒動』

猫島ハウスの騒動
猫島ハウスの騒動若竹 七海

光文社 2006-07-21
売り上げランキング : 42118

おすすめ平均 star
starミステリ初心者にも良い
star猫たちににんまり

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 人間よりも猫の数が多いという猫の楽園・猫島。稼ぎ時の夏休みに、民宿「猫島ハウス」の娘・杉浦響子は家業の手伝いに精を出していた。一方、同級生の菅野虎鉄はナンパに精を出した結果、入り江でナイフが突き刺さった猫を見つけてしまった。平穏だった猫島は、大騒動に巻き込まれていく・・・

 若竹さんの久しぶりの新作『猫島ハウスの騒動』は、あの葉崎の先にある猫島が舞台。それだけにかなり期待していたのですが、その期待にこたえてくれる作品でした。

 たくさんの猫はもちろんのこと、数多く登場する人物たちが魅力的です。それぞれに多かれ少なかれ役割が与えられ、面白おかしくユーモアいっぱいに書かれているのですが、そんな中に若竹さんの独特な毒というか、シニカルな部分が紛れ込ませてあります。
 しかも、それがいかにもいそうな人物ばかり。あんな人、こんな人。「いるいるっ」て人ばかり。こういう感覚が、物語にのめりこませるコツなのかもしれません。

 もちろん、物語も謎解きがしっかりしています。読んでいる過程では、多少あちこちへ広がりすぎている気もしたのですが、最後にはそれがしっかりキュッキュッキュッとまとめられていきます。あちらこちらに撒き散らされた伏線が一箇所に集められる様は圧巻です。
 伏線といえば、なんだかいろいろなことが次回作へつなげられていくような感じです。例えば、響子と虎鉄の間には、修学旅行で何があったのかとか。早くも次回作が楽しみなのです。

 欲を言えば・・・夏休みの午後に、リゾート地で読みたかった! そんな本です。
2006年9月2日読了
2006.09.03 Sunday 00:00 | ら・わ行(若竹七海) | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

2009.09.29 Tuesday 00:00 | - | - | -
コメント
コメントする











トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://skipturnreset.jugem.jp/trackback/387