こんな夜だから書庫に行こう

はてなから感想の保管作業終了!!
現在、10年ほど前の一言感想をアップしています。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Profile

Selected entries

Category

Archives

Links

BlogPeople

STARLIGHT mini

あわせて読みたい

あわせて読みたい

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

Comment

Trackback

Other


  • Admin
  • RSS1.0 | Atom0.3
  • Template by Dsh+
  • Powered by JUGEM
<< 森谷明子『千年の黙 異本源氏物語』 | top | 誼阿古『クレイジーカンガルーの夏』 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.09.29 Tuesday | - | - | -

大倉崇裕『福家警部補の挨拶』

福家警部補の挨拶
福家警部補の挨拶大倉 崇裕

東京創元社 2006-06-27
売り上げランキング : 114146

おすすめ平均 star
star『コロンボ』のスピリッツを継いだ、古典的で上質なミステリー
starコロンボ、古畑を知らずとも楽しめます
star旧コロンボの世界観!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 練りに練られた計画殺人。しかし、犯人を鋭く追い詰めていく一人の刑事がいる。福家警部補は巧みな話術と豊富な記憶、そして幾晩もの徹夜に耐えうる体力を武器に犯人の口を割らせてしまうのだ。コロンボマニアの手による倒叙推理作品集。

 倒叙推理といえばやっぱり刑事コロンボであったり、古畑任三郎であったりするのだけれど、その流れを確実に継いでいる作品集。これは楽しい。犯人の追い詰められていく心情を手に取るように理解でき、その一方福家警部補の心情はまるでベールの向こうに隠されているかのようにわからない、このギャップがスリリングです。

 コロンボも古畑も詳しいというほど見たわけじゃないのですが、この2つと『福家警部補の挨拶』を比較すると端整に書かれた分だけユーモアが足りない。そしてこれは意図的なことかもしれないのですが、主人公である福家警部補の特徴が薄いかな。いっそのこと萌えキャラのようにしてしまってもいいかも。ただ、そうするとドラマ化したときのキャステイングが・・・
 こういった倒叙物の場合、警察や探偵役が犯人に目星をつけるきっかけとなるのが犯人のミスだったりすることが多いと思うのですが、そういったパターンを回避した「オッカムの剃刀」はその点だけでも唸ってしまいました。

 『ミステリーズ! Vol.19』には「福家警部補の災難」も収録され、シリーズは続いていく模様。次も楽しみです。

収録作:「最後の一冊」「オッカムの剃刀」「愛情のシナリオ」「月の雫」
2006年11月27日読了
2006.11.27 Monday 00:00 | あ行(大倉崇裕) | comments(0) | trackbacks(2)

スポンサーサイト

2009.09.29 Tuesday 00:00 | - | - | -
コメント
コメントする











トラックバック
黒猫の隠れ処  at 2007.05.18 Fri 12:14
福家警部補の挨拶/大倉崇裕
珍しい倒叙スタイルのミステリ連作。『刑事コロンボ』のノヴェライズも書いている著者だけに、同作へのオマージュといっていい作風になっています。コロンボファンには、思わずニヤッとさせられるところも。 福家警部補
【徒然なるままに・・・】  at 2009.01.13 Tue 22:35
『福家警部補の挨拶』 大倉崇裕
小柄で童顔、ちっとも刑事には見えないという福家警部補の活躍を描いた短編集。警部補は三十過ぎと思われる女性なのだが、下の名前が不明ということもあって、キャラクター・イメージが意図的にぼかされているのはちょっと異色だ。 収録されているのは「最後の一冊」
この記事のトラックバックURL
http://skipturnreset.jugem.jp/trackback/373