こんな夜だから書庫に行こう

はてなから感想の保管作業終了!!
現在、10年ほど前の一言感想をアップしています。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Profile

Selected entries

Category

Archives

Links

BlogPeople

STARLIGHT mini

あわせて読みたい

あわせて読みたい

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

Comment

Trackback

Other


  • Admin
  • RSS1.0 | Atom0.3
  • Template by Dsh+
  • Powered by JUGEM

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.09.29 Tuesday | - | - | -

原りょう『天使たちの探偵』

天使たちの探偵
天使たちの探偵原 りょう

早川書房 1997-03
売り上げランキング : 94472

おすすめ平均 star
star沢崎シリーズを知らなくてもおもしろい
star天使たちに振り回された日

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ある女のひとを守ってほしい―沢崎の事務所を訪れた十才の少年は、依頼の言葉と一万円札五枚を残して、雨の街に消えた。やむなく調査をはじめた沢崎は、やがて思いもかけぬ銀行強盗事件に巻き込まれることに…私立探偵沢崎の短篇初登場作「少年の見た男」ほか、未成年者がからむ六つの事件を描く、日本冒険小説協会大賞最優秀短編賞受賞の連作集。

 沢崎シリーズの短篇集。短篇なだけに前2長篇と比較すると、やはりスケールが小さいのですが、それは仕方のないこと。
 特におもしろかったのは「少年の見た男」「選ばれる男」。前者は子供の心理をうまく利用し、後者は選挙の闇のイメージを意外性に用いています。逆に「二四〇号室の男」は途中で犯人の見当がつきました。
 早く最新作『さらば長き眠り』を読みたいところ。

収録作:「少年の見た男」「子供を失った男」「二四○号室の男」「イニシャル"M"の男」「歩道橋の男」「選ばれる男」「探偵志願の男」
関連作:『そして夜は甦る』『私が殺した少女
1998年9月1日読了
1998.09.01 Tuesday 00:00 | は行(原りょう) | comments(0) | trackbacks(0)

原りょう『私が殺した少女』

私が殺した少女
私が殺した少女原 りょう

早川書房 1996-04
売り上げランキング : 105064

おすすめ平均 star
star拾った宝くじが当たったような不運
star直木賞?
starハードボイルドファンにはたまらないのだろうけど…

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

まるで拾った宝くじが当たったように不運な一日は、一本の電話ではじまった。私立探偵沢崎の事務所に電話をしてきた依頼人は、面会場所に目白の自宅を指定していた。沢崎はブルーバードを走らせ、依頼人の邸宅へ向かう。だが、そこで彼は、自分が思いもかけぬ誘拐事件に巻き込まれていることを知る…緻密なストーリー展開と強烈なサスペンスで独自のハードボイルド世界を確立し、日本の読書界を瞠目させた直木賞・ファルコン賞受賞作。

 原りょうさんの2作目にして直木賞受賞作。探偵としての沢崎の考え方、生き方がよくあらわれている作品ではないでしょうか。もっとも、沢崎は少し運が良すぎる気がしないでもないですが。

関連作:『そして夜は甦る』『天使たちの探偵
1998年8月19日読了
1998.08.19 Wednesday 00:00 | は行(原りょう) | comments(0) | trackbacks(0)

原りょう『そして夜は甦る』

そして夜は甦る
そして夜は甦る原 りょう

早川書房 1995-04
売り上げランキング : 143387

おすすめ平均 star
star沢崎の下の名前はなんだろう…?
starハードボイルド
star沢崎に惚れる。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ルポ・ライターの失踪、怪文書、東京都知事狙撃事件…。西新宿に探偵事務所を構える沢崎が立ち向かう難事件の背後には巨大な陰謀が隠され、鮮やかなラストシーンに向って物語はスピーディに展開してゆく。レイモンド・チャンドラーに心酔する、ジャズ・ピアニストの著者が2年の歳月をかけ完成させた渾身の処女長篇。いきのいい会話と緊密なプロットで贈る、期待の本格ハードボイルド登場。

 原りょうさんのデビュー作。複雑なプロットだと思うのですが、それがうまくまとめられています。登場人物もいきいきしており、歯切れのよい会話も魅力的。
 ただ、あまりにも探偵・沢崎の運が良過ぎる気がします。

関連作:『私が殺した少女』『天使たちの探偵
1998年8月5日読了
1998.08.05 Wednesday 00:00 | は行(原りょう) | comments(0) | trackbacks(0)