こんな夜だから書庫に行こう

はてなから感想の保管作業終了!!
現在、10年ほど前の一言感想をアップしています。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Profile

Selected entries

Category

Archives

Links

BlogPeople

STARLIGHT mini

あわせて読みたい

あわせて読みたい

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

Comment

Trackback

Other


  • Admin
  • RSS1.0 | Atom0.3
  • Template by Dsh+
  • Powered by JUGEM

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.09.29 Tuesday | - | - | -

光原百合『時計を忘れて森へいこう』

時計を忘れて森へいこう
時計を忘れて森へいこう光原 百合

東京創元社 2006-06-27
売り上げランキング : 171249

おすすめ平均 star
star高原の風

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 八ヶ岳山麓の清海。高校の校外学習で森へ行き時計をなくした若杉翠は、探しに戻った森の中でシークの自然解説指導員(レンジャー)の深森護と出会う。自然を愛し、純粋な心を持つ彼は、物事の真実を見抜く目を持っていた。

 心優しい善人たちの物語。短編と呼ぶにはちょっと長い3編で構成されています。
●第1話
 同級生の恵利がおとなしい教師に殴られた。恵利は「アタシガ、コロシタ」とつぶやき、教師は「俺のいうことをきけ!」と。
●第2話
 シークでの結婚式をひかえていた草平は、婚約者の加寿美を事故で失った。彼は、何かを隠しているようだったが・・・
●第3話
 <ゆうゆう倶楽部>に参加し一緒に童話を作った弥生が拒食症で入院してしまった。何が彼女をそうさせたのか。

 東京創元社の「クイーンの13」(このシリーズ、いつになったら13作揃うのでしょう)というシリーズとして出版されたのですが、そのわりにミステリとしての「謎」の魅力には乏しい作品で、それを期待するとがっかりするかも。ただ、この作品はそれを補って余りある優しさとあたたかさ、そして森の自然の美しさが満ち溢れています。
 全編を通してテーマとして扱われているのは「生と死」。それは死んだ者と生きている者との関係であったり、あるいは死んでいるように生きている者のことであったり。かなり重いテーマのはずですが、それをオブラートに包んだかのようにさらっと流したかのような感じがします。それが物語を軽くしすぎている気がする反面、物語の世界を維持する技術なのかもしれません。

 美しい世界の中での、美しいお話。ただ、登場人物が善人ぞろいなのは難点か。だって、悪あってこその善でしょう。悪意のかけらも見当たらないだけにちょっときれいにまとまりすぎていて、結果として非現実的な感じがしてしまいます。
2005年6月15日読了
2005.06.19 Sunday 00:00 | ま行(光原百合) | comments(0) | trackbacks(0)

光原百合『十八の夏』

十八の夏
十八の夏光原 百合

双葉社 2002-08
売り上げランキング : 372322

おすすめ平均 star
star好きだから伝えたいこと
star瑞々しい感性を感じさせる
starたまには良いのではないでしょうか

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 第55回日本推理作家協会賞(短編部門)を受賞した表題作を含む4編からなる短編集。どの作品も花をモチーフにしています。

 どちらかというと地味な感じのする作品が並んでいるのですが、その中に透明感というか、みずみずしさというかそういう感覚を味わうことができました。非常に読ませてくれる短編集です。
 どの作品も好きなのですが、特にお勧めなのは「イノセント・デイズ」でしょうか。4編の中ではもっともミステリらしい作品です。ただ、それだけに? 多少影の部分もあり、それは光原さんらしくない部分なのかもしれません(他の作品は未読なのでよくわかりませんが)。
 一度読んでみる価値がある短編集だと思います。

収録作:「十八の夏」「ささやかな奇跡」「兄貴の純情」「イノセント・デイズ」
2004年9月8日読了
2004.09.08 Wednesday 00:00 | ま行(光原百合) | comments(0) | trackbacks(0)