こんな夜だから書庫に行こう

はてなから感想の保管作業終了!!
現在、10年ほど前の一言感想をアップしています。
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Profile

Selected entries

Category

Archives

Links

BlogPeople

STARLIGHT mini

あわせて読みたい

あわせて読みたい

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

Comment

Trackback

Other


  • Admin
  • RSS1.0 | Atom0.3
  • Template by Dsh+
  • Powered by JUGEM

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.09.29 Tuesday | - | - | -

法月綸太郎『しらみつぶしの時計』

評価:
法月 綸太郎
祥伝社
¥ 1,785
(2008-07-23)
Amazonおすすめ度:
高打率
手堅いぞ!いいぞ法月!!
 ノリリンといえば探偵役は法月綸太郎。今回はそこをはずして、ノン・シリーズの作品を集めた短編集。全10作品。

「使用中」
 編集者と打ち合わせていた作家の新谷は下腹がうずいて席を外したが・・・『大密室』で既読。シチュエーションの面白さが光る作品です。このあとの展開が気になります。
「ダブル・プレイ」
 妻と不和になった省平は、出先で出会った男から交換殺人を持ちかけられた・・・『不透明な殺人』で既読。凝りに凝った交換殺人が複雑で興味深い。
「素人芸」
 内緒で高価な腹話術の人形を買った妻に、夫は腹を立て・・・ホラーのような感触を一瞬でユーモアに変えてしまったオチが見事。
「盗まれた手紙」
 南京錠をかけられた秘密の手紙は相手しか読めないはず。だが、手紙は途中で抜き取られた・・・比較的わかりやすいパズルのような作品。ただしはじめからこの方法で手紙が送られることがわかっていないと不可能な犯罪であることは否定できません。
「イン・メモリアム」
 依頼された原稿は・・・本文わずか4頁の掌編。奇妙で味わいのある作品です。
「猫の巡礼」
 夫妻が飼うのは猫のみどろ。猫は聖地へ巡礼に行くと聞いたのだが・・・異色作。全くミステリではありませんが、殺伐とした中の癒しのようでした。こういうのもいいですね。
「四色問題」
 殺された女は、左の手首に「X」のような切り傷があった・・・『退職刑事』のダイイング・メッセージもの。何故こんな回りくどい方法を使うのか、という根本的な疑問にぶち当たりそうです。ただ、ノリリンらしい気はします。
「幽霊をやとった女」
 資格を失った私立探偵への依頼は、夫の様子を心配してのものだった・・・ハードボイルドを融合させた作品。こういった作品はやはり御手の物でしょうか。
「しらみつぶしの時計」
 それぞれすべてが異なる時間を差す1440個の時計。本当に正しい時計は・・・このオチを持ってくるためにこの数学的な文章を続けるのは正直如何なものかと。
「トゥ・オブ・アス」
 高校時代の同級生木下悠子と北沢靖子は就職後も同じ部屋に暮らすほど仲が良かったが・・・『不条理な殺人』で既読。まったく不条理。これはこれでよかったのですが、長編化した『二の悲劇』のほうが読み応えがあり、完成度も高いという思いは変わりません。

 ミステリを突き詰めていくとこういうことになるのかもしれませんが、全体に、というか初読の作品にパズルゲームのようなものが多く、残念でした。少なくとも僕はミステリに数学の解法であることを期待しているのではなく、推理小説であることを期待しています。単なるパズルゲームなら、それの専門家に任せておけばいいじゃないですか。

収録作:「使用中」「ダブル・プレイ」「素人芸」「盗まれた手紙」「イン・メモリアム」「猫の巡礼」「四色問題」「幽霊をやとった女」「しらみつぶしの時計」「トゥ・オブ・アス」
関連作:『二の悲劇』『不透明な殺人』『不条理な殺人』『大密室
2008年9月11日読了
2008.09.15 Monday 13:36 | な行(法月綸太郎) | comments(1) | trackbacks(1)

法月綸太郎『犯罪ホロスコープ1 六人の女王の問題』

評価:
法月 綸太郎
光文社
¥ 880
(2008-01-22)
Amazonおすすめ度:
犯罪星座
意外や軽く読める好著
犯罪カレンダー
 湖畔のリゾートホテルへやってきた法月綸太郎。バカンスではなくカンヅメになるための逗留である。だが、初日から客とホテルのトラブルに遭遇し、しかも夜には殺人事件が。被害者は、昼間のトラブルを引き起こしたルポライターを名乗る恐喝屋だった・・・「ゼウスの息子たち」

 星座にまつわる事件にミステリ作家の法月綸太郎が挑む短編集。エラリイ・クイーンの『犯罪カレンダー』に倣ったそうですが、とりあえず前半の6作だけを刊行しそれを表明してしまうするあたり、寡作がネタになる法月さんらしい。
「ギリシャ羊の秘密」
 取材中にホームレス殺害の現場に居合わせ、軽傷を負った飯田。しかし、残された証拠から導かれる容疑者がいない・・・1つのアイテムが捜査をズルズルととんでもない方向へ引っ張って行ってしまう様が印象的。被害者が身元不明のホームレスである点がうまく生かされています。
「六人の女王の問題」
 転落死したライター。その死には、かつて所属した劇団と脚本が絡むのか・・・なんとも言えないオチと、劇団のメンバーの印象が非常に強い作品。いきなり現れたト書きも。
「ゼウスの息子たち」
 カンヅメになっていたホテルで、綸太郎は殺人事件に遭遇する。被害者は、ルポライターを名乗る恐喝屋だった・・・双子同士で結婚したというホテルのオーナーの使い方がおもしろい。一筋縄ではいかないことは想像できても、意表を突く仕掛けに驚きました。本作品集のベスト。
「ヒュドラ第十の首」
 殺された男は、妹を自殺に追い込んだ不倫相手の男を捜し、候補を3人に絞り込んでいた・・・残された3人からさらに絞る消去法。最後の一捻りがおもしろい。
「鏡の中のライオン」
 女優殺しを疑われた新人脚本家のアリバイは、張り込み警官によって証明された。脚本家のベッドの下には女優のピアスが1つ・・・無理矢理感はありますが、作品はなかなか楽しませてもらいました。
「冥府に囚われた娘」
 水中毒で植物状態になった友達から、状況を知らせるメールが携帯電話に届いたが・・・いかにも都市伝説的なエピソードと殺人をうまくつなげ合わせた作品。オチを導き出す過程に驚き。

 牡羊座から乙女座までの6つの星座をモチーフにした作品集。この星座による縛りが創作にヒントを与えるのと同時に、創作の自由を奪ってやや窮屈にしているようなイメージがあります。
 ただし、暗号解読から都市伝説まで作品そのものはバラエティに富んでいて、読み手を飽きさせません。それぞれがコンパクトにまとめられ、読みやすい作品集です。惜しむらくは、6作止まりで残りの6作がまとめられるのがいつになるのかわからないことでしょうか。早く続きをと急かすのは酷なことですか?

収録作:「ギリシャ羊の秘密」「六人の女王の問題」「ゼウスの息子たち」「ヒュドラ第十の首」「鏡の中のライオン」「冥府に囚われた娘」
2008年3月31日読了
2008.04.01 Tuesday 22:18 | な行(法月綸太郎) | comments(0) | trackbacks(0)

法月綸太郎『怪盗グリフィン、絶体絶命』

怪盗グリフィン、絶体絶命
怪盗グリフィン、絶体絶命法月 綸太郎

講談社 2006-03
売り上げランキング : 91756

おすすめ平均 star
starミステリーランドらしく安心して読めます
starさすがに、法月綸太郎!!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 「あるべき物を、あるべき場所に」これが怪盗グリフィンの信条。彼の元に届いた1通の手紙、それは「怪盗グランプリ」への招待状だった。届かなかったかのように装って送り返したグリフィンだったが、この後に依頼されたゴッホの絵のすり替えを引き受けた彼はとんでもない陰謀に巻き込まれていく・・・

 綾辻行人さんの『びっくり館の殺人』とともにミステリーランドの第9回配本となった法月さんの新作『怪盗グリフィン、絶体絶命』は、なんと非探偵法月もの。しかも舞台は海外。これをはじめて聞いたときには、綾辻さんが「館シリーズ」だと聞いていたので逆に驚きました。

 さて、3部構成になった本作は、徐々に緊迫感が高まっていく怪盗もの。真実はわかりやすく語られていて、子ども向けのミステリとしては極めて正統派というような雰囲気を感じたのですが、それでいて伏線は縦横無尽に張り巡らされ、しかも二転三転のどんでん返し、「かつて子どもだった」大人でも満足できる楽しい作品です。特に「第3部 大統領官邸」はそれらのすべてが集約されていて、かなり読み応えがあります。
 かつて『頼子のために』でハードボイルド色を加えてターニングポイントとした法月さんですが、本作もまた新たな方向性を示すものとなるのかもしれません。シリーズ化してほしい作品です。
2006年4月23日読了
2006.04.23 Sunday 00:00 | な行(法月綸太郎) | comments(0) | trackbacks(0)

法月綸太郎『生首に聞いてみろ』

生首に聞いてみろ
生首に聞いてみろ法月 綸太郎

角川書店 2004-09
売り上げランキング : 171102

おすすめ平均 star
starタイトルはおもしろい
star後味が悪いという印象のみ
star期待しすぎました。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 綸太郎が後輩田代周平の写真展で会った美少女は、懇意にしている翻訳家川島敦志の姪であり、著名な前衛彫刻家川島伊作の娘江知佳だった。しかし、伊作はその日ガンに倒れ翌日未明に亡くなってしまう。彼の代表作は江知佳を妊娠した妻を型にとった『母子像』であり、亡くなる直前には娘江知佳をモデルとした作品を完成させていた。だが、伊作が病院に運ばれた直後、その作品の首から上を何者かが切断し持ち去っていた・・・

 昨年の「このミステリ−がすごい!」「本格ミステリ・ベスト10」で2冠を獲得した作品。作者としては1994年の『二の悲劇』以来10年ぶりの長編です(除く『ノーカット版 密閉教室』)。
 内容は徹頭徹尾本格推理。落ち着きとおもしろさを兼ね備えた円熟の作品です。
 とくに登場人物の言動とその動機には力が注がれていたのか、非常に現実的で、作り物めいた違和感を感じませんでした。探偵役の綸太郎がありがちなスーパーマン探偵ではなく、間違いや失敗を繰り返し、苦労して真相にたどりつくというのも、より現実的な気がします。

 ただし、地道な操作を続けて真相にたどりつくタイプの探偵ですので、論理の飛躍がない分真相に対する驚きもやや薄いと思います。それに加えてラスト付近はやや駆け足で進んでしまったようで残念でした。
 とくに驚いたのは2箇所。生首と各務夫人でしょうか。生首はうすうす感づくものの物語の先を考えると本当によいのか疑問でしたし、各務夫人については作者にしてやられたかと。
 緻密に伏線が張られた美しい本格ミステリでした。

関連作:『頼子のために』『一の悲劇』『ふたたび赤い悪夢』『法月綸太郎の冒険』『二の悲劇』『法月綸太郎の功績
2005年12月12日読了
2005.12.14 Wednesday 00:00 | な行(法月綸太郎) | comments(0) | trackbacks(0)

法月綸太郎『法月綸太郎の功績』

法月綸太郎の功績
法月綸太郎の功績法月 綸太郎

講談社 2005-06
売り上げランキング : 174073

おすすめ平均 star
star論理

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 『法月綸太郎の冒険』『法月綸太郎の新冒険』に続く法月綸太郎シリーズ第3短編集。日本推理作家協会賞受賞作「都市伝説パズル」を収録。

 3年ぶりに読むノリリンは、期待を裏切らなかった。

 「これぞ本格」といった感じのする王道作品がずらりと並んだ短編集。本格を満喫させていただきました。
 中でも推協賞を受賞した「都市伝説パズル」は、犯人に至るまでの法月父子の推理合戦が楽しく、そのロジックが美しい作品。「都市伝説」と言うとおり、ホラー的な要素も若干含まれていて、それも程よい感じ。
 全体として本格ミステリに対する愛情というか、あるいは覚悟というか、そういう深いものを感じる傑作集。ただし、「中国蝸牛の謎」はやや無理がある気が・・・

 それにしても「縊心伝心」で諏訪祥一の名を、「不祥事の祥、一身上の都合の一」って説明する法月警視はどうかと。

収録作:「イコールYの悲劇」「中国蝸牛の謎」「都市伝説パズル」「ABCD包囲網」「縊心伝心」
関連作:『頼子のために』『一の悲劇』『ふたたび赤い悪夢』『法月綸太郎の冒険』『二の悲劇』『生首に聞いてみろ
2005年11月22日読了
2005.11.27 Sunday 00:00 | な行(法月綸太郎) | comments(0) | trackbacks(0)