こんな夜だから書庫に行こう

はてなから感想の保管作業終了!!
現在、10年ほど前の一言感想をアップしています。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Profile

Selected entries

Category

Archives

Links

BlogPeople

STARLIGHT mini

あわせて読みたい

あわせて読みたい

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

Comment

Trackback

Other


  • Admin
  • RSS1.0 | Atom0.3
  • Template by Dsh+
  • Powered by JUGEM

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.09.29 Tuesday | - | - | -

真保裕一『誘拐の果実』

誘拐の果実 (上)誘拐の果実 (下)
誘拐の果実 (上)真保 裕一

集英社 2005-11-18
売り上げランキング : 95505

おすすめ平均 star
star途中で飽きる・・・
star小役人シリーズとは一味違うおもしろさ
star後半の展開・結末は評価が別れのではないか?

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
誘拐の果実 (下)真保 裕一

集英社 2005-11-18
売り上げランキング : 95261

おすすめ平均 star
star前代未聞の誘拐の目的とは?
star後半の展開が・・・

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 総合病院の病院長の孫娘が誘拐された。身代金の代わりに要求されたのは、病院のスポンサーであり、不正な株取引を追及されて入院している大手食品関連会社の会長の命であった。この誘拐の狙いは何なのか。家族、病院、患者・・・すべてを守るために病院側と警察は1つの策を実行に移す。

 『連鎖』で乱歩賞を受賞する前に最終候補に残っていたという『代償』を下敷きとした作品『誘拐の果実』。真保さんといえば漢字二文字というイメージが未だにあるので『代償』というタイトルを変えるのはもったいない気もします。講談社ではないからかもしれませんが。

 さて、文庫本で上下巻という大作は、その長さを感じさせない作品でした。複雑に絡み合う緻密な構成、思ってもみなかったような身代金、手に汗を握るような展開と非常に楽しませてくれます。とくに犯人からの前代未聞の要求は独創的で、警察や事件関係者を翻弄する様は痛快ですらあります。
 ただし、作者が本当に書きたかったのは誘拐事件そのものではなく、何故犯人は誘拐事件を起さなければならなかったのかというホワイダニットの部分であり、物語後半のこの部分と中盤までのサスペンスフルな誘拐事件部分との落差が大きいのがひっかかります。最終盤の最後の脅迫に至っては、良い話を意識しすぎているような気になってしまいます。ここがちょっと残念。

 一筋縄ではいかない誘拐事件で、誘拐もののおもしろさを表現した『誘拐の果実』。同時期に刊行された東野圭吾さんの『ゲームの名は誘拐』と読み比べてみようかと思います。
2006年8月5日読了
2006.08.05 Saturday 00:00 | さ行(真保裕一) | comments(0) | trackbacks(0)

真保裕一『発火点』

発火点
発火点真保 裕一

講談社 2005-09
売り上げランキング : 172069

おすすめ平均 star
star展開が中途半端
star読後も不満が残った
star暗い

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 21歳になる杉本敦也は東京で自堕落な生活を続けていた。敦也は9年前の12歳のとき父親を殺され、「父親を殺された子」という哀れみ、同情に耐えられず、それを引きずっていたのだった。やがて、父の友人だった犯人が仮出所することを知った敦也は、あの漁村へ帰ることを決意する。どうしてあの人は、父を殺したのだろうか・・・

 父を殺害された息子が、自分のあるがままの姿を受け止め、過去を悔い改め再生していく物語。 21歳の敦也の章と、12歳の敦也の章が交互に語られています。
 2年ぶりに読んだ真保作品は、扱われているテーマが既読のものよりも重く、なかなか読みすすめるのに手間取ったのは確か。「小役人シリーズ」などのほうがまだ読みやすかったと思います。
 また、最後にちょっとした驚きがあったのですが、それもスパッと切れ味が良いとは言いにくい印象。いろいろなものを詰め込みすぎているのかな。構成を含め、全体としてもう少しシンプルでも良かった気がします。
 もっとも、悪いところばかりではありません。相変わらず文章はうまいし、読み応えのある作品でした。作者の意図も十分に伝わったと思います。
 ただ、「受取人」に対して伝えたいことが一番最後に位置していて、これを読んで自分の気持ちを知ってほしいと願って送るのは、やっぱり身勝手なのではないでしょうか。そこまで深読みさせるつもりで書いているなら、それはそれですごいのですが。

2005年10月13日読了
2005.10.13 Thursday 00:00 | さ行(真保裕一) | comments(0) | trackbacks(0)

真保裕一『ホワイトアウト』

ホワイトアウト
ホワイトアウト真保 裕一

新潮社 1998-08
売り上げランキング : 74354

おすすめ平均 star
star超人的設定に共感するかどうか
star真保裕一入門に
starまるで映画を見ているような気分

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 真夏なのに、涼しくなるような真冬、厳寒の雪山でのストーリー。ですが、とても熱い男の物語。
 雪に閉ざされた巨大ダム、そこに侵入・占拠した武装グループ、ダム奪還に立ち上がる運転員・富樫、立ち塞がる吹雪、雪山の厳しさ・・・すべては圧倒的な筆力で描かれていて、その情景は想像するに難くありません。途中で目を休めるのがもったいないような、極上のエンターテインメントです。

 映画も見ました。映画もそこそこよかったと思いますが、やっぱり小説のほうが上だと思います。

 本作で真保さんに興味を持った方、ぜひ『連鎖』からはじまる小役人シリーズをお勧めします。本作や『奪取』に比べると地味ですが、とても面白いですよ。
1998年9月13日読了
2004.07.28 Wednesday 00:00 | さ行(真保裕一) | comments(0) | trackbacks(0)

真保裕一『奪取』

奪取〈上〉奪取〈下〉
奪取〈上〉真保 裕一

講談社 1999-05
売り上げランキング : 72106

おすすめ平均 star
starどきどきはらはら
star楽しめる作品です
star話の作りが秀逸。全く長さを感じさせない。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
奪取〈下〉真保 裕一

講談社 1999-05
売り上げランキング : 81095

おすすめ平均 star
star良いですね。
star想定外です
star偽札作りもクライマックス!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

偽札をつくりあげた者が勝利者となる!傑作長編
1260万円。友人の雅人がヤクザの街金にはめられて作った借金を返すため、大胆な偽札作りを2人で実行しようとする道郎・22歳。パソコンや機械に詳しい彼ならではのアイデアで、大金入手まであと一歩と迫ったが…。日本推理作家協会賞と山本周五郎賞をW受賞した、涙と笑いの傑作長編サスペンス!

 日本推理作家協会賞と山本周五郎賞を同時受賞した傑作サスペンス。偽札を作る過程とそれを換金する過程の二重のおもしろさを持っています。その元となっているのは、やはり真保さんの筆力と取材力でしょう。犯罪がらみだけに、「ここまで調べ、暴露してしまっていいのだろうか」という気にさえさせられます。最後のオチもほほえましいですね。
1999年6月19日読了
1999.06.19 Saturday 00:00 | さ行(真保裕一) | comments(0) | trackbacks(0)

真保裕一『朽ちた樹々の枝の下で』

朽ちた樹々の枝の下で
朽ちた樹々の枝の下で真保 裕一

講談社 1999-02
売り上げランキング : 167780

おすすめ平均 star
starタイトルの意味は・・・
starタイトルからして…
starラストは尻すぼみですねー

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

妻を事故で失い札幌を離れ森林作業員となった男が、自衛隊演習場と隣接する夜明け前の森で救出した女性は、謎を残し病院から逃亡する。女性を捜し真実を突き止めることに己れの再起をかけ調査を始めた直後、落とし穴などの罠が仲間を襲う…。北海道を舞台に独り闘う男の葛藤と勇姿を描くサスペンス大作。

 真保さん本人も言うように、思い切り地味な作品です。疑問に感じたのは、尾高健夫はどうしてこの事件にこれほどまでにこだわり、関わり続けたのかということ。事故死した妻佳代子のことだけでは、自衛隊の警務隊に捕まってまでこの事件を追いかけないでしょう。それは医師栗原にも言えることです。地味ではあるけれど、小説としての完成度は高く、おもしろかったです。
1999年3月4日読了
1999.03.06 Saturday 00:00 | さ行(真保裕一) | comments(0) | trackbacks(0)