こんな夜だから書庫に行こう

はてなから感想の保管作業終了!!
現在、10年ほど前の一言感想をアップしています。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Profile

Selected entries

Category

Archives

Links

BlogPeople

STARLIGHT mini

あわせて読みたい

あわせて読みたい

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

Comment

Trackback

Other


  • Admin
  • RSS1.0 | Atom0.3
  • Template by Dsh+
  • Powered by JUGEM

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.09.29 Tuesday | - | - | -

大沢在昌『ザ・ジョーカー』

ザ・ジョーカー
ザ・ジョーカー大沢 在昌

講談社 2005-09
売り上げランキング : 51149

おすすめ平均 star
star大沢ワールド

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 着手金は100万円。仕事として殺しは引き受けないが、自分の身を守るためには殺しも躊躇しない。それが裏社会のトラブルシューター・ジョーカー。盗品の奪還から人探し、連れ戻しまで何でも引き受け、解決する・・・

 大沢さんの新シリーズはハードボイルドの短編集。
 「裏社会」という言葉にダーティーな印象を持っている人は多いかもしれませんが、ジョーカーに限ってはクリーンなトラブルシューター。自分で決めたルールを自分に課し、忠実に守る。そんな生き方。おおっ、これこそハードボイルド。
 本作に収録された短編は約10年間に渡って書かれたものです(ただし、これ以前に本作に収録されていないものもあります。ちなみに、『死ぬより簡単』に収録された「12月のジョーカー」は既読のはずですが覚えていません・・・)。そのため、最近の作品と最も過去の作品ではやや時代背景に変化があって、特に最初期の「ジョーカーの当惑」(1993年)はどうしても古臭さのようなものを感じてしまいます。
 しかし、それでもおもしろいのが本作。すっと世界に入り込むことができ、さらっと読めて、あっというまに読み終えてしまえるような作品。そして、読み終えてしまうことが惜しく思える作品なのです。特にラストの「ジョーカーの伝説」は、ジョーカーの過去が絡み、物語の厚みを増しています。「どうせならもう1〜2作」とも思うのですが、こういう締め方がちょうどいいのかもしれません。
 今月下旬には続編の『亡命者 ザ・ジョーカー』も発売されるそうです。楽しみです。

収録作:「ジョーカーの当惑」「雨とジョーカー」「ジョーカーの後悔」「ジョーカーと革命」「ジョーカーとレスラー」「ジョーカーの伝説」
2005年10月9日読了
2005.10.10 Monday 00:00 | あ行(大沢在昌) | comments(0) | trackbacks(0)

大沢在昌『帰ってきたアルバイト探偵』

帰ってきたアルバイト探偵
帰ってきたアルバイト探偵大沢 在昌

講談社 2006-10-14
売り上げランキング : 101949

おすすめ平均 star
star帰ってきたふたり
starスカッと

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 前作『拷問遊園地』以来、久しぶりにスーパー・ハイスクール・スチューデント・デイテクティブ、冴木隆クンが帰ってきた。もちろん、不良中年リョースケもいっしょに。
 リュウクンの危ないアルバイトに端を発した大騒動。行商人モーリスが最後に扱ったらしき商品、核爆弾はどこにあるのか! モーリスの正体は? 追うは各国の諜報機関そしてテロリスト! もちろん日本の国家権力も。絡み合う複雑な利害関係。果たして核は東京で爆発してしまうのか! リュウクンは都民を、そしてヒロイン・モニークを救えるのか!

 久々の登場だったリュウクンですが、その割りには高校を1年ダブっただけ。しかも相変わらずの活躍を見せてくれます。もちろん、度々ピンチに陥り、殺されかけることもしばしばありますが、それもご愛敬。しかし、今回の推理の冴えはシリーズ随一ではないですか。リュウクン、少し大人になった気が。
 利害関係同様、ストーリーも複雑ですが、それでいてスピーディーに展開していきます。広げられた派手な大風呂敷をたたむ腕は見事。もちろん、ユーモアも満載。これこそ軽ハードボイルドの傑作ではないでしょうか。

 復活したシリーズの継続を期待したいところですが、それは難しいのかも。でも、首をなが〜くして待ちたいです。
2005年3月5日読了
2005.03.06 Sunday 00:00 | あ行(大沢在昌) | comments(0) | trackbacks(0)

大沢在昌『屍蘭 新宿鮫3』

屍蘭―新宿鮫〈3〉
屍蘭―新宿鮫〈3〉大沢 在昌

光文社 1999-08
売り上げランキング : 68571

おすすめ平均 star
starピンチ
star面白いけど…地味な印象
star冷酷な犯行内容と犯罪者の姿のギャップ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

犯罪者たちから「新宿鮫」と恐れられる、新宿署刑事・鮫島。新宿の高級娼婦の元締め・浜倉が殺された。事件に迫る鮫島の前に浮かび上がる産婦人科医「釜石クリニック」。背後に潜む呪われた犯罪とは?だが、鮫島に突然、汚職・殺人の容疑が!さらに敵の完璧な罠が「新宿鮫」を追いつめる!息詰まる興奮、圧倒的な感動!超人気傑作シリーズ第3弾。

 大人気、新宿鮫シリーズ第3作。前作『毒猿』のときのような激しいアクション・シーンはないけれども、鮫島が汚職・殺人の容疑をかけられたり、あるいは藤崎綾香の悪意がクローズアップされていたりと、見どころはたくさんあります。島岡ふみ枝と対する後半のシーンも見物。

関連作:『新宿鮫』『毒猿 新宿鮫2
1999年8月19日読了
1999.08.19 Thursday 00:00 | あ行(大沢在昌) | comments(0) | trackbacks(0)

大沢在昌『天使の牙』

天使の牙〈上〉

天使の牙〈下〉
天使の牙〈上〉大沢 在昌

角川書店 1998-11
売り上げランキング : 130606

おすすめ平均 star
star苦悩の恋愛刑事物語
star漫画なら星5!
star本当の自分

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
天使の牙〈下〉大沢 在昌

角川書店 1998-11
売り上げランキング : 130464

おすすめ平均 star
star「クライン」と君国はどうなる?
star読み出すと止まらない。
star面白い!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

女刑事・アスカと鬼刑事・仁王のコンビが麻薬組織と激突するノンストップ・ラブサスペンス。「新宿鮫」から5年。直木賞作家の警察小説の新たな地平がここにある。

 警察組織内の抗争、脳移植、麻薬組織など様々な要素を取り込んだエンターテインメント。長い物語だけに途中で何度かストーリー展開を変化させることにより、読者を惹きつけ続けています。特に素晴らしいのは岬にある別荘での銃撃戦でしょう。幾人かの間で視点を変化させることにより、緊迫感と臨場感を出しています。仁王とアスカの逃走シーンでは、お互いに相棒を頼ることもできず、頼みの綱の芦田課長も撃たれていることによる孤独感がよりスリリングにしています。
1999年2月7日読了
1999.02.07 Sunday 00:00 | あ行(大沢在昌) | comments(0) | trackbacks(0)

大沢在昌『銀座探偵局』

銀座探偵局
銀座探偵局大沢 在昌

光文社 1997-06
売り上げランキング : 173900

おすすめ平均 star
starまさしくただしくゴラク小説
star凝ってるけど、遊び心満点の作品集

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

シティマガジンの編集長の僕が私立探偵に!?旧友で銀座ビュウ・ホテル・チェーンの御曹司「ムウ」こと武藤俊に強引に持ちかけられたのだ。ホテルから失踪した女性客を捜してほしいという。平隠な日々は刺激的すぎる日々に取って代わった。命を狙われ、マフィアと闘い、銃弾をかいくぐり、あげくには…。大沢作品のもうひとつの魅力を満載した快作。

 武藤俊(ムウ)と山田一郎(僕)のユーモアハードボイルド。大沢さんのブレイク直前の短篇集です。最終話「標本にされた探偵たち」には半魚人が登場しますが、普通ならイロモノになってしまうところを上手くまとめているのが大沢さんの力量でしょう。ただ、後半の作品では一郎が「メトロポリタン・インフォメーション」の編集長という設定が活かされていない気がします。シリーズ再開に期待。

収録作:「囮にされた探偵たち」「張子にされた探偵たち」「奇跡にされた探偵たち」「標的にされた探偵たち」「標本にされた探偵たち」
1999年1月25日読了
1999.01.25 Monday 00:00 | あ行(大沢在昌) | comments(0) | trackbacks(0)